2019年4月20日から7月7日    開催中

鎌倉文学館 特別展
三島由紀夫「豊饒の海」のススメ

2019年、三島由紀夫「豊饒の海」シリーズの第1巻『春の雪』が刊行されてから50年を迎えます。
これを記念し、『春の雪』『奔馬』『暁の寺』『天人五衰』の4作から成る三島畢生の魅力溢れる大作「豊饒の海」をおススメする展覧会を、『春の雪』に登場する松枝侯爵家の別荘のモデルとなった鎌倉文学館で開催します。

▼開催期間
2019年4月20日(土)~7月7日(日)
▼場所
鎌倉文学館 鎌倉市長谷1-5-3
(電車)江ノ電「由比ガ浜駅」より徒歩7分、「長谷駅」より徒歩10分
(バス)JR鎌倉駅東口発 藤沢・大仏方面行き「海岸通り」下車徒歩3分
※駐車施設はありません。
▼入館料
一般500(350)円・小中学生200(140)円
※( )内は20人以上の団体料金
※次の方は無料
・鎌倉市内在住の65歳以上の方、在住在学の小・中学生と同伴の保護者(2名まで)
・市内在住在学の高校生および市内の小・中学校と高等学校の教員
・身体障害者手帳などの交付を受けた方と付き添い1名
▼開館時間
9:00~17:00(入館は30分前まで)
▼休館日
4/22(月)、5/13(月)、6/17(月)、7/1(月)
▼お問合せ
鎌倉文学館 TEL:0467-23-3911
▼同時開催
常設展「鎌倉ゆかりの文学」/ミニ特集「雑誌『人間』創刊100年」
▼イベント
「角野栄子さんのおはなしの扉」「鎌倉文学館バラまつり2019」
その他、文学講座や文学散歩などの催しもありますので、詳細は鎌倉文学館HPをご覧ください。

http://www.kamakurabungaku.com