2018年7月14日(土)~9月17日(月・祝)    開催中

特別展 子どもたちへ、未来シリーズ8
富安陽子の世界~夢か うつつか、妖怪か?!

小さいけれど、とっても力もち。いつも元気な山んばのむすめ「まゆ」のお話や、ふつうの家族に見えるけど、本当はお母さんがキツネの信田家の活躍を書いた「シノダ!」シリーズ。
妖怪やオバケのお話など不思議で楽しい物語の世界を紹介します。

▼開催期間
2018年7月14日(土)~9月17日(月・祝日)
▼場所
鎌倉文学館
鎌倉市長谷1-5-3(江ノ電由比ガ浜駅から徒歩7分)
▼入館料
一般300円(210円)、小中学生100円(50円) ※( )は20人以上の団体料金
▼開館時間
9:00~17:00(入館は30分前まで)
休館日:月曜日 ※7月16日(月・祝日)、8月20日(月)、9月17日(月・祝日)は開館
▼主催
鎌倉文学館指定管理者 鎌倉市芸術文化振興財団・国際ビルサービス共同事業体
▼協力
特別協力/富安陽子
協力/あかね書房、偕成社、佼成出版社、講談社、童心社、ひさかたチャイルド、福音館書店、ポプラ社、理論社
▼展覧会関連イベント
※詳しい内容につきましては、鎌倉文学館のホームページをご覧ください。
オープニングギャラリートーク/本とあそびの部屋/おはなし会『まゆとりゅう』ほか/子どもワークショップ/講演会『富安陽子の世界』