2022年10月2日(日)~12月23日(金)    開催中

<鎌倉文学館>特別展 没後35年
澁澤龍彦 高丘親王航海記

西洋の芸術文化や歴史への深い造詣から、独創的なエッセイや小説を書いた澁澤龍彦。
彼の没後35年を記念し、唯一の長編小説で遺作となった「高丘親王航海記」に焦点を当てます。

▼開催期間・開館時間
2022年10月2日(日)~12月23日(金)
9:00~16:30(※入館は30分前まで)
休館日:10/3(月)、11/14(月)・21(月)・28(月)、
12/5(月)・12(月)・19(月)

▼場所
鎌倉文学館 鎌倉市長谷1-5-3
<電車>江ノ電「由比ケ浜駅」より徒歩7分、「長谷駅」より徒歩10分
<バス>JR鎌倉駅東口発 ①・⑥乗り場発「海岸通り」下車徒歩3分
※駐車設備がありませんので、公共交通機関をご利用ください

▼入館料
一般500円(350円)、小中学生200円(140円)
※( )は20人以上の団体料金
※鎌倉市内在住の方は無料(住所のわかるものをご提示ください)
※鎌倉市内の小・中学生と高等学校の在学生および教員は無料
※身体障害者手帳などの交付を受けた方と付き添い1名は無料

▼特別協力
澁澤龍子、近藤ようこ(漫画家)

▼主催
鎌倉文学館指定管理者
(公財)鎌倉市芸術文化振興財団・国際ビルサービス共同事業体

▼イベント情報
各イベントの詳細、参加方法につきましては、鎌倉文学館のホームページをご覧いただくかお問い合わせください。

●「配信イベント」
鎌倉文学館公式YouTubeで、「文学講座」「資料解説講座」を期間限定で無料配信します。
11月上旬~12月末予定

●「参加イベント」
文学散歩 「北鎌倉周辺」

●萩原朔太郎大全2022「朔太郎とカマクラ」
朔太郎の没後80年を記念し、全国の文学館等で同時期に展示する「萩原朔太郎大全2022」。
特別展開催に合わせて第3常設展示室で朔太郎と鎌倉のゆかりを紹介します。

●文学館フェスティバル2022
約200種250株のバラをお楽しみください。期間中にコンサートを開催する予定です。
10/15(土)~11/13(日)

●庭園の特設カフェ
庭園でオリジナルブレンドのコーヒーを販売します。
詳細につきましては、鎌倉文学館ホームページをご覧ください。

▼同時開催
常設展「鎌倉ゆかりの文学」

▼新型コロナウイルス感染症対策につきましては、鎌倉文学館ホームページをご覧いただくか、お問い合わせください。また、今後の感染状況により内容が変更となる場合がございます。ご了承ください。

▼お問い合わせ
http://www.kamakurabungaku.com
鎌倉文学館TEL 0467-23-3911