2017年12月16日(土)
~2018年4月15日(日)    開催中

鎌倉文学館 収蔵品展
作家と歩く鎌倉 その2 由比ガ浜・材木座方面

鎌倉を訪れ、暮らし、そしてこの地を愛した文学者たちは、それぞれの鎌倉を作品に書きました。彼らの文学作品をとおし「鎌倉」を逍遥するシリーズ収蔵品展の第2回は、由比ガ浜・材木座方面を高浜虚子、与謝野晶子、武者小路実篤、芥川龍之介ら28人の目をとおし紹介します。

▼開催期間
2017年12月16日(土)~2018年4月15日(日)
▼場所
鎌倉文学館
鎌倉市長谷1-5-3(江ノ電由由比ガ浜駅から徒歩7分)
▼料金
一般300円・小中学生100円
*20名様以上の場合:団体割引料金(一般210円・小中学生50円)
▼開館時間
12月・1月・2月 9:00~16:30(入館は16:00まで)
3月・4月 9:00~17:00(入館は16:30まで)
▼休館日
月曜日(1/8、2/12は開館)、年末年始(12/29~1/3)
▼主催
鎌倉文学館指定管理者
鎌倉市芸術文化振興財団 国際ビルサービス共同事業体
▼問い合わせ
鎌倉文学館 TEL:0467‐23-3911
▼イベント
クリスマス特別展示、バレンタイン特別展示などイベントを予定しています。
詳しくは鎌倉文学館ホームページでご覧ください。
http://www.kamakurabungaku.com