2022年4月16日(土)~7月3日(日)    開催中

特別展

12世紀末、源頼朝が鎌倉に幕府を開き、はじめて武士が表に立ち政権を担う新しい時代が幕を開けました。激動の鎌倉時代のはじまりは、当時の歴史書や随筆、和歌、日記などに書かれ、そこから物語が生まれ、室町から江戸時代には能、歌舞伎、戯作などが書かれました。
そして明治から現代においても、劇的なはじまりは創作者を刺激し多くの作品に描かれています。
本展では、鎌倉時代の黎明期を「平家物語」「吾妻鏡」などの古典から坪内逍遥、太宰治、永井路子ら近現代までの作品でたどります。

▼新型コロナウイルス感染症対策につきましては、鎌倉文学館ホームページをご覧いただくか、お問い合わせください。また、今後の状況により内容が変更となる場合がございます。ご了承ください。
鎌倉文学館TEL 0467-23-3911
http://www.kamakurabungaku.com

▼開催期間・開館時間
2022年4月16日(土)~7月3日(日)
9:00~17:00
※入館は30分前まで
休館日:4/18(月)、25(月)、5/9(月)、6/13(月)、
20(月)、27(月)

▼場所
鎌倉文学館 鎌倉市長谷1-5-3
<電車>江ノ電「由比ケ浜駅」より徒歩7分、「長谷駅」より徒歩10分
<バス>JR鎌倉駅東口発 ①・⑥乗り場発「海岸通り」下車 徒歩3分
※駐車設備がありませんので、公共交通機関をご利用ください

▼入館料
一般500円(350円)、小中学生200円(140円)
※( )は20人以上の団体料金
※鎌倉市内在住の方は無料(住所のわかるものをご提示ください)
※市内の小・中学校と高等学校の在学生および教員は無料
※身体障害者手帳などの交付を受けた方と付き添い1名は無料

▼主催
鎌倉文学館指定管理者
(公財)鎌倉市芸術文化振興財団・国際ビルサービス共同事業体

▼イベント情報
各イベントの詳細、参加方法につきましては、鎌倉文学館のホームページをご覧ください。
http://www.kamakurabungaku.com
●「講座 配信イベント」
鎌倉文学館公式YouTubeで、各講座を期間限定で無料配信します。
5月下旬から順次公開予定
●「参加イベント」
文学散歩 「鶴岡八幡宮周辺」
●鎌倉文学館バラまつり2022
5月10日(火)~6月12日(日)
●「大佛次郎記念館×鎌倉文学館」入館料相互割引
期間中、各展覧会のチケット半券ご提示で入館料50円引き
※詳しくは、各館のホームページまたは電話でお問い合わせください

▼同時開催
常設展「鎌倉ゆかりの文学」/ミニ特集「生誕130年 尾崎喜八」