HOME 美術館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 ミュージアムグッズ English
バックナンバー
平成19年度
子ども参加プログラム「鏑木清方のスケッチを写そう」
※終了しました。
清方が描いたスケッチの複製版をみながら模写してみよう。
春の鎌倉駅地下道ギャラリーに描いた作品を展示する予定です。

日  時
4月3日(火)、4日(水)のうち希望する1日。
午前9時30分から10時30分(予定)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
対  象
小・中学生と同伴者一人
料  金
無料。材料は美術館で用意いたします
定  員
各日先着7人程度。予約制。3月1日(木)9時から受付開始。
〔申し込み・問い合わせ先〕鎌倉市鏑木清方記念美術館 
電話0467-23-6405


清方の美人画の水上 「一葉女史の墓」とその後の作品をめぐって
※終了しました。

次回展示の特別展「清方の美人画」に関連した美術講演会を実施します。

講  師
柏木智雄氏(かしわぎ・ともお 横浜美術館次席学芸員)
日  時
平成19年5月14日(月)講演会13:30〜15:00
展示解説15:00〜15:30(予定)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
料  金
500円(観覧料を含む)
定  員
先着50名
(4月17日(火)9:00より電話0467-23-6405にて受付)


「うちわに絵を描こう」
※終了しました。
清方が描いたスケッチの複製版をみながら模写してみよう。
日本画の絵の具(角顔彩)を用いて、その色合いに親しみ、描く楽しみを体験してみませんか。鏑木清方がデザインした団扇や、描いたスケッチをとおし、日本の美的感覚を楽しみましょう。秋に、参加者の作品を鎌倉駅地下道ギャラリーに展示する予定です。

日  時
平成19年8月10日(金)、16日(木)、17日(金)のうち希望する1日。
午前9時30分から10時30分(予定)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
対  象
小・中学生と同伴者一人
料  金
300円(材料費込み)
定  員
各日先着7人程度。予約制。7月15日(日)午前9時から受付開始。
〔申し込み・問い合わせ先〕鎌倉市鏑木清方記念美術館 
電話0467-23-6405


特別展関連事業
美術講演会「鏑木清方と官展」
※終了しました。
 清方と官展との関わりについて、東京大学名誉教授の河野元昭先生にご講演いただき、講演後に展示作品をご覧いただきながら、解説員がご案内します。

講  師
河野元昭氏(こうの・もとあき)
東京大学名誉教授 秋田県立近代美術館長
日  時
平成19年11月12日(月)
講演会13:30〜15:00/展示解説15:00〜15:30(予定)
※開場は13:00から(ご入館いただける時間も13:00からになります)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
料  金
500円(観覧料を含む)
定  員
先着50名
(電話0467-23-6405にて受付中・先着順)


美術館「えき」KYOTO開館10周年記念
生誕130年・鎌倉市鏑木清方記念美術館開館10周年記念
「鏑木清方の芸術展」
※終了しました。

 2008年は、清方生誕130年、鎌倉市鏑木清方記念美術館の開館10周年にあたります。
 これを記念し、鎌倉市・財団法人鎌倉市芸術文化振興財団・同美術館では、同じく開館10周年を迎える、美術館「えき」KYOTOで開催される展覧会に、収蔵作品「朝涼」の出品等の協力を行います。
                
場  所
美術館「えき」KYOTO
JR京都駅下車すぐ・ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
会  期
平成20年1月2日(水)〜1月27日(日) 会期中無休
開館時間
午前10時〜午後8時(最終日・午後5時)
入館締切
閉館30分前
観 覧 料
一般800円、高・大学生600円、小・中学生400円
主  催
京都新聞社、美術館「えき」KYOTO
特別協力
鎌倉市、財団法人鎌倉市芸術文化振興財団、鎌倉市鏑木清方記念美術館
展示作品
《主な展示作品》
「朝涼」(当館蔵)
「妖魚」(福富太郎コレクション蔵)
「おぼろ夜」(弥生美術館蔵) など


春休み親子鑑賞
小・中学生と同伴者一人のご入館が無料になります。
展示の解説書も配布します。
※終了しました。
期  間
平成20年3月27日(木)〜4月6日(日)
但し、毎週月曜日は休館。
対  象
小・中学生と同伴者一人
料  金
入館料無料


財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン