HOME 美術館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 ミュージアムグッズ English
バックナンバー
平成20年度
春休み・子ども参加プログラムのご案内

子ども参加プログラム
「新学年の夢・希望・決意を絵にして色紙に描こう」
※終了しました。
 日本画の絵の具(角顔彩)を用いて、色紙に新学年の夢や希望、決意を描いてみよう。春に鎌倉駅地下道ギャラリー等で参加者の作品を展示する予定です。

日  時
平成20年4月2日(水)、3日(木)のうち、希望する1日。
午前9時30分から10時30分(予定)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
対  象
小・中学生と同伴者一人
料  金
300円(材料費込み)
定  員
各日先着7人程度。予約制。
3月1日(土)午前9時から電話か美術館窓口で受付開始。
〔申し込み・問い合わせ先〕鎌倉市鏑木清方記念美術館 
電話0467-23-6405


開館10周年記念 講演会
波乃久里子さんによる
「新派と鏑木清方の美人画」
※終了しました。
 鏑木清方は、演劇界に多くの題材を求め、清方が描いた美人には、歌舞伎の女形に取材した作品もあります。「道成寺」「鷺娘」は特に好み、いくども制作しております。
 この度ゲストにお迎えする新派女優・波乃久里子さんは、3歳まで鎌倉に住まわれました。今もよく鎌倉を訪れて、四季折々の風情を楽しまれています。
 清方美人が、そのまま舞台に立っていると感じられている波乃さんに、新派でのご活躍と、清方の描いた美人の魅力についてお話を伺います。

ゲ ス ト 波乃久里子さん(女優)
司  会
久能靖さん(ニュースキャスター)
日  時
平成20年4月26日(土) 開場13:30/開演14:00
会  場
鎌倉市生涯学習センターホール(きらら鎌倉)
住所:鎌倉市小町1-10-5 JR鎌倉駅東口から徒歩3分
料  金
入場無料・申し込み制(全席自由 定員280人)
申込方法
往復はがきに住所・氏名(フリガナ)・電話番号・人数(1枚につき 2名まで)を明記し、4月16日(水)必着で下記まで送付。
申込多数の場合は抽選です。複数枚のご応募はご遠慮ください。
申 込 先
鎌倉市鏑木清方記念美術館 講演会係
〒248-0005 鎌倉市雪ノ下1-5-25


夏休み親子鑑賞
小・中学生と同伴者一人のご入館が無料になります。
展示の解説書も配布します。
※終了しました。

期  間
平成20年7月19日(土)〜8月31日(日)
但し、7月21日(月・祝)は開館し、22日(火)は休館
対  象
小・中学生と同伴者一人
料  金
入館料無料


夏休み、美術館に行こう! 子ども参加プログラムのご案内

子ども参加プログラム
「鳥獣戯画」を模写しよう!
※終了しました。
 日本画の画材を用いてその感触に親しみ、筆の使い方ひとつで表現が変わり、表情が豊かになるることに気付き、描く楽しみを体験してみませんか。
 鏑木清方の絵を観覧してその筆使いを味わい、日本画の美的感覚を楽しみましょう。 秋に、参加者の作品を鎌倉駅地下道ギャラリーに展示する予定です。

日  時
平成20年7月30日(水)・31日(木)・8月7日(木)のうち希望する1日。
午前9時30分〜10時30分(予定)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
(JR鎌倉駅から徒歩7分)
対  象
小・中学生と同伴者一人
料  金
300円(材料費込み、材料は美術館で用意します)
定  員
各日先着7人程度。予約制。
7月1日(土)午前9時から電話か美術館窓口で受付開始。
(初日は電話のみ)
〔申し込み・問い合わせ先〕鎌倉市鏑木清方記念美術館 
電話0467-23-6405


特別展 清方生誕130年記念 関連事業

美術講演会「清方の芝居絵」
※終了しました。
 講師に芝居と絵画の双方に造詣の深い松山薫氏を迎え、鏑木清方の演劇との関わり、清方の芝居絵の魅力とともに、今回の特別展の見どころでもある≪芝居絵十二題≫を中心に、歌舞伎の魅力についてお話しいただきます。

講  師
松山 薫氏(まつやま・かおる)
早稲田大学図書館員・元早稲田大学演劇博物館学芸員
日  時
平成20年11月11日(火)
13:30〜15:30(予定)
※開場及び入館は13:00から。
※15:00より展示解説を行います。
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
料  金
500円(観覧料を含む)
定  員
先着50名
(電話0467-23-6405にて、10/2(木)9:00より受付・先着順)


春休み親子鑑賞
※終了しました。
小・中学生と同伴者一人のご入館が無料になります。
展示の解説書も配布します。

期  間
平成21年3月28日(土)〜4月5日(日)
但し、毎週月曜日は休館。
対  象
小・中学生と同伴者一人
料  金
観覧料無料


財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン