HOME 美術館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 ミュージアムグッズ English
バックナンバー
平成21年度
春休み・子ども参加プログラムのご案内

子ども参加プログラム
「清方のスケッチを模写しよう」
※終了しました。
 日本画の絵の具(角顔彩)を用いて、鏑木清方のスケッチを模写してみよう。
春に鎌倉駅地下道ギャラリー等で参加者の作品を展示する予定です。

日  時
平成21年4月2日(木)、3日(金)のうち、希望する1日。
午前9時30分から10時30分(予定)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
対  象
小・中学生と同伴者一人
料  金
300円(材料費込み)
定  員
16名(各回先着8名程度・予約制)
3月3日(火)9:00から電話か美術館窓口で受付開始。
〔申し込み・問い合わせ先〕鎌倉市鏑木清方記念美術館 
電話0467-23-6405


特別展 「清方と隅田川」 関連事業

美術講演会「鏑木清方と隅田川界隈」
※終了しました。
 清方は、隅田川(大川)界隈を題材に多くの作品を残しています。
 葛飾区郷土と天文の博物館 学芸員の谷口榮先生に清方と隅田川界隈の関わりについて、ご講演いただきます。
 講演後は展示作品をご覧いただきながら、解説員が案内をいたします。

講  師
谷口 榮氏(たにぐち さかえ)
葛飾区郷土と天文の博物館 学芸員
日  時
平成21年6月2日(火)
13:30〜15:30(予定)
※当日は13:00から美術館にご入館いただけます。
※15:00より展示解説を行います。
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
料  金
500円(観覧料を含む)
定  員
先着50名
(電話0467-23-6405にて受付中・先着順)


夏休み親子鑑賞
小・中学生と同伴者一人のご入館が無料になります。
展示の解説書も配布します。

期  間
平成21年7月18日(土)〜8月30日(日)
但し、7月20日(月・祝)は開館し、21日(火)は休館
対  象
小・中学生と同伴者一人
料  金
入館料無料


夏休み、美術館に行こう! 子ども参加プログラムのご案内

子ども参加プログラム
「日本画材を使って絵日記を描こう!」
※終了しました。
 あなたも日本画の画材を使って絵日記を描いてみませんか?その感触、筆や色使いには独特の味わいがあります。鏑木清方の絵日記を観覧してその筆使いを味わい、日本画の美的感覚を楽しみましょう。
 秋に、参加者の作品を鎌倉駅地下道ギャラリーに展示する予定です。

日  時
平成21年7月30日(木)・31日(金)・8月7日(金)のうち
希望する1日。午前9時30分〜10時30分(予定)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
(JR鎌倉駅から徒歩7分)
対  象
小・中学生(保護者の方は同伴で見学できます)
料  金
300円(材料は美術館で用意いたします)
定  員
24名 (各回8名程度 予約制)
先着順7月1日(水) 午前9時から受付開始
※参加される方は、当日までにA3位の用紙に、描きたい絵の下書きと 添える短文をご準備下さい。

〔申し込み・問い合わせ先〕鎌倉市鏑木清方記念美術館 
電話0467-23-6405


特別展 「清方と巡る東京」 関連事業

美術講演会「清方と巡る東京」
※終了しました。
 鏑木清方は、東京神田佐久間町に生まれました。
 その後は中央区京橋、日本橋、銀座、文京区、湯島、新宿矢来町などに住まい、東京に取材した作品を、生涯を通して制作テーマとしていました。 その内容は、東京の風景というよりは、そこに暮らした人々の日常を主に描き、江戸の面影残る明治の東京を後世に伝えようとしておりました。

 この度は、清方に画趣を感じさせた当時の東京人の生活について詳しい、
久染健夫氏にご講演いただきます。

 講演後は展示作品をご覧いただきながら、解説員が案内をいたします。

講  師
久染 健夫氏
中川船番所資料館 学芸員
日  時
平成21年11月10日(火)
13:30〜15:30(予定)
※当日は13:00から美術館にご入館いただけます。
※15:00より展示解説を行います。
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
料  金
500円(観覧料を含む)
定  員
先着50名
(電話0467-23-6405にて受付中・先着順)


春休み親子鑑賞
※終了しました。
小・中学生と同伴者一人のご入館が無料になります。
展覧会の解説書も配布します。

期  間
平成22年3月26日(金)〜4月4日(日)
但し、毎週月曜日は休館。
対  象
小・中学生と同伴者一人
料  金
観覧料無料


財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン