HOME 美術館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 ミュージアムグッズ English
バックナンバー
平成24年度
春休み・子ども参加プログラムのご案内

絵を描いてみよう〜 「日本画材を使って「貝合わせ」を作ろう!」
※終了しました。
 展示している作品で鏑木清方の筆使いを観察した後、日本画の画材を用いて「貝合わせ」※を作ります。描きたい対となるものの写真などを、当日持参してください。
※2枚の貝に対となる2つの絵を描きます。例えば、「春と秋」「山と河」「梅と桜」「犬と猫」「今と昔」「表と裏」「芽と花」などです。
 描いた作品は鎌倉駅地下道ギャラリーに展示する予定です。

日  時
平成24年4月3日(火)、4日(水)のうち、希望する1日。
午前9時30分から11時(予定)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
対  象
参加対象は小・中学生及び、希望する同伴者1名
(同伴者の見学は1名様まで)
料  金
600円(材料費込み)
定  員
参加する同伴者も含め、先着24名。
〔申し込み・問い合わせ先〕
鎌倉市鏑木清方記念美術館 電話0467-23-6405


鎌倉市鏑木清方記念美術館市民講座開催
※終了しました。
鏑木清方の芸術と日本画、美術館の業務について当館スタッフによる講座を開催します。

日  時
平成24年4月24日(火)〜28日(土)
各日とも午前10時00分から11時
内  容
24日(火) 「鏑木清方について」(眞鍋侑子)
25日(水) 「展示解説の方法」(今西彩子)
26日(木) 「博物館の活動について」(篠原聰)
27日(金) 「鏑木清方記念美術館の普及事業について」(宮ア徹)
28日(土) 「鏑木清方の美人画について」(宮ア徹)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館 ホール
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
講  師
当美術館学芸員、及び客員研究員。
料  金
無料。ただし、観覧料が必要です。
定  員
10名 (事前申し込み不要、先着順)


特別展 「一葉生誕140年 清方に見る 明治の女性」 関連事業

美術講演会「清方に見る 樋口一葉と文学」
※終了しました。
 鏑木清方は、青年時代から終生にわたり樋口一葉の文学に魅了されていました。明治29年に発表された「たけくらべ」に感銘を受け、一部暗唱できるほど読み返しました。間もなく一葉は夭折してしまいましたが、その魅力は清方の心に残り、「一葉女史の墓」、「にごりえ」、「たけくらべの美登利」などを描きました。また、敬愛を込めて、一葉の肖像画も制作しました。
 この度、東京学芸大学名誉教授の山田有策氏を迎え、清方の作品に見る樋口一葉とその文学の魅力についての講演会を催します。
 講演後は展示作品をご覧いただきながら、解説員がご案内をいたします。

講  師
山田有策氏(東京学芸大学名誉教授)
日  時
平成24年6月5日(火) 13:30〜15:30
※当日は13:00から美術館にご入館いただけます。
※15:00より展示解説を行います。
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
料  金
500円(観覧料を含む)
定  員
先着50名
(電話0467-23-6405にて受付・先着順)


絵を鑑賞しよう〜夏休み親子鑑賞
※終了しました。
期間中、小・中学生と同伴者一人のご入館が無料になります。
展覧会の解説書も配布します。

期  間
平成24年7月7日(土)〜8月26日(日)
毎週月曜日、7月17日(火)は休館(7月16日(月・祝)は開館)
対  象
小・中学生と同伴者一人
料  金
観覧料 無料


北鎌倉葉祥明美術館との連携事業のご案内

鎌倉の小さな美術館へようこそ!
※終了しました。
鎌倉には、様々な美術館・博物館施設が点在しています。その中でも、鎌倉市鏑木清方記念美術館と北鎌倉葉祥明美術館は一人の作家に焦点をあてた美術館として活動しています。時代背景も表現方法も違う作家ですが、鎌倉に導かれた二人の画家の世界を探訪してみませんか?

期  間
平成24年7月7日(土)〜8月26日(日)
実施施設
北鎌倉葉祥明美術館
あじさい寺として有名な「明月院」や鎌倉時代から続く「円覚寺」など、歴史と伝統に息づく、古都・北鎌倉に1991年に開館しました。イタリア・ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞作家である葉祥明の初期の作品から水彩画・油彩画・デッサンなどの原画を展示しています。館はお父さんの書斎や子供たちの部屋などに分かれ、友人の家に遊びに行くような気持ちで訪れることができる癒やしの美術館です。
北鎌倉葉祥明美術館
〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内318-4
TEL:0467-24-4860 / FAX:0467-24-6536
<アクセス>JR横須賀線「北鎌倉駅」下車、南に徒歩7分左折
<開 館>10:00〜17:00(入館は16:30まで)
<休館日>年中無休
<入館料>チラシ持参の方割引します。
        大人700円→600円 小人350円→300円
<展覧会>
企画展 「ヒーリング・キャット」展  7/20 (金)まで、
企画展 「ぼくのべんちにしろいとり」展 7/21 (土) 〜 9/21 (金)
※同時開催 常設展 【夏の風景】6〜8月

鎌倉市鏑木清方記念美術館
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
Tel: 0467-23-6405 / Fax: 0467-23-6407
<アクセス>JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に7分左折
<入館料>チラシ持参の方割引します。
        大人200円→150円 期間中、小・中学生は無料
        (小中学生同伴の場合は大人1名無料)

【2館の移動時間】
徒歩:約20分  電車:徒歩含め約15分  タクシー:乗車時間約5分
※葉祥明美術館から鏑木清方記念美術館までタクシーご利用の場合、鎌倉八幡宮バス停付近で下車して、小町通りに入り、徒歩約2分です。
内  容
チラシ持参の方の入館料相互割引(チラシPDF)
ワークシート「鏑木清方と葉祥明」配布(ワークシートPDF)
※下記画像をクリックしてもダウンロードできます。
 

当館図書コーナーでは、期間中、絵本作家・葉祥明さんの絵本や書籍をご覧いただけるようになっています。


夏休み・子ども参加プログラムのご案内

日本画材を使って、「扇子」に絵を描こう!
※終了しました。
展示している作品で鏑木清方の筆遣いや色遣いを観察した後、日本人にとってなじみ深い「扇子」に日本画の画材を用いて絵を描きます。
事前に描きたいものを選び、当日その下書きや写真などを持参してください。
描いた作品は鎌倉駅地下道ギャラリーに展示する予定です。

日  時
平成24年7月26日(木)、27日(金)、8月3日(金)のうち、希望する1日。
午前9時30分から11時30分(予定)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
対  象
小・中学生及び高校生
(ワークシートでの説明は小中学生が対象です)
料  金
600円(材料費込み)
定  員
先着36名(各回12名程度)。
6月15日(金)9:00から電話か美術館窓口で受付開始。
〔申し込み・問い合わせ先〕
鎌倉市鏑木清方記念美術館 電話0467-23-6405


平塚市美術館との連携事業のご案内

半券での相互割引
※終了しました。
平塚市美術館で開催する、「市制80周年記念 上村松園と鏑木清方」展の半券を当館で提示していただくと、観覧料を割り引きします。

期  間
平成24年7月21日(土)〜9月2日(日)
割引内容
<平塚市美術館>
当館の半券提示で、平塚市美術館の観覧料
一般900円→720円 高大生500円→400円

<鎌倉市鏑木清方記念美術館>
平塚市美術館の半券提示で当館観覧料50円割引

(半券1枚につき1名様まで有効・他の割引との併用はできません)


特別展 「清方描く 江戸の残り香」 関連事業

美術講演会「江戸美人画の記憶 ―清方作品を新しく見るために―」
※終了しました。
 明治生まれの清方は、少年の頃から草双紙や小説などから江戸時代の文化に触れていました。浮世絵師の作品を模写して画風を学んだこともあり、日本画家となってからは、江戸の文化や風情に深く影響されて描いた作品は少なくありません。
 この度は、江戸美術の分野で数々のご研究を重ねてこられた、学習院女子大学教授・今橋理子氏に、清方作品の新たな魅力についてご講演いただきます。
 講演後は展示作品をご覧いただきながら、解説員がご案内をいたします。

講  師
今橋理子氏(学習院女子大学教授)
【プロフィール】
1964年生まれ。学習院大学大学院博士後期課程修了。1998年より学習院女子大学助教授、2007年より教授。専門分野は、主に「花鳥画」や「秋田蘭画」を中心とした江戸時代の絵画史。
【主な著書】
『江戸の花鳥画』(1995年スカイドア/第17回サントリー学芸賞、第46回芸術選奨文部大臣新人賞受賞)、『江戸絵画と文学』(1999年東京大学出版会/第12回国華賞受賞)、『江戸の動物画』(2004年東京大学出版会)、『秋田蘭画の近代』(2009年東京大学出版会/第22回和辻哲郎文化賞受賞)
日  時
平成24年11月6日(火) 13:30〜15:30
※当日は13:00から美術館にご入館いただけます。
※15:00より展示解説を行います。
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
料  金
500円(観覧料を含む)
定  員
先着50名
(電話0467-23-6405にて受付・先着順)
*下記チラシの申込欄に必要事項をご記入の上、FAXでもお申込みいただけます。(FAX 0467-23-6407)
 美術講演会 江戸美人画の記憶(PDF)
 PDFファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。


特別展 「清方描く 江戸の残り香」 関連事業

国芳・芳年・清方を巡る相互割引
※終了しました。
本展覧会を含む3つの展覧会で、いずれかのチケット半券をご提示により各館の入館料が割引になります。

対象となる
展覧会
@横浜美術館「はじまりは国芳 −江戸スピリットのゆくえ」
会期:2012年11月3日(土・祝)〜2013年1月14日(月・祝)
横浜美術館ホームページ http://www.yaf.or.jp/yma/

A太田記念美術館「没後120年記念 月岡芳年」
会期:前期 2012年10月2日(火)〜10月28日(日)
    後期 2012年11月1日(木)〜11月25日(日)
太田記念美術館ホームページ http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/

B鎌倉市鏑木清方記念美術館
 特別展「清方描く江戸の残り香」
会期:2012年11月3日(土・祝)〜12月9日(日)
割引額
@展覧会のチケット半券をご提示
 →A展覧会200円割引、B展覧会50円割引

A展覧会のチケット半券をご提示
 →@展覧会200円割引、B展覧会50円割引

B展覧会のチケット半券をご提示
 →@A展覧会各200円割引

財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン