HOME 美術館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 ミュージアムグッズ English
バックナンバー

平成26年度

春休み・子ども参加プログラムのご案内

日本画材の胡粉(ごふん)だんごを作って絵を描こう!
 胡粉(ごふん)は、貝殻を細かく砕いて大きさを整えて作った白い粉です。膠(にかわ)という糊(のり)と溶いておだんごを作り、白の絵具として使います。絵に盛り上がったところを作る時にも使われます。日本画の描き方を学ぶ時に、最初に習うことの一つです。
 この絵の具を使って、自分の絵の新しい表現を体験してみませんか。色紙に、日本画材(主に、筆、胡粉、角顔彩(かくがんさい))等を使って絵を描きます。
 身の回りにあるもの、花、静物、動物や、物語の場面など、事前に描くものを選び、白をどこで使うかをよく考えた上、用意された色紙に描き、日本画の基礎を体験します。
 当日は、まず清方作品を鑑賞し、その独特な筆や色使いを味わい、まねて日本画の美的感覚を楽しみましょう。春に、参加者の作品を鎌倉駅地下道ギャラリーに展示する予定です。
 なお、親子でご参加できますが、お子さまだけでもご参加いただけます。説明は小・中学生を対象に行います。

日  時
平成26年4月2日(水)、3日(木)のうち、希望する1日。
午前9時30分から11時30分
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
対  象
小・中学生、高校生及びその保護者
(ワークショップでの説明は小中学生が対象です。)
料  金
参加者1名につき1,000円(材料は美術館で用意いたします。)
定  員
24名(各回12名程度。予約制・先着順)
2月28日(金)9:00から電話か美術館窓口で受付開始。
〔申し込み・問い合わせ先〕
鎌倉市鏑木清方記念美術館 電話0467-23-6405
その他
白を使って描きたい花、静物等の下描きや写真などを当日ご持参してください。


鎌倉市鏑木清方記念美術館 市民講座
※終了しました。
日  時
平成26年4月22日(火)〜26日(土)
各日とも10:00から11:00
内  容
22日(火) 「鏑木清方と硯友社について」(宮ア徹)
23日(水) 「美術館で必要とされる外国語」(鏑木祐子)
24日(木) 「明治の風俗についての研究報告」(今西彩子)
25日(金) 「近年の博物館・美術館の活動について」(篠原聰)
26日(土) 「変体仮名の種類と、読み下し文の作り方」(真鍋侑子)
(講師及び内容が変更になる場合があります。)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館 ホール
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
講  師
当美術館学芸員、及び客員研究員。
料  金
無料。ただし、観覧料が必要です。
定  員
20名程度 (事前申し込み不要、先着順)


国際博物館の日(5月18日) 市民講座 開催
※終了しました。
毎年5月18日は「国際博物館の日」として国際博物館会議(ICOM)が提唱し、世界各国で様々な事業が行われています。今年のテーマは、”Museum collections make connections”(コレクションは世界をつなぐ)です。
鎌倉市鏑木清方記念美術館では、収蔵品作品をスライド上映にて解説いたします。

講  座
鎌倉市鏑木清方記念美術館のコレクション
−公開頻度の少ない作品を中心に−
日  時
平成26年5月18日(日) 13:30〜14:10
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館 ホール
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
料  金
無料(ただし、入館料が必要です。)
 定  員 20名様程度 (事前お申込み不要、先着順)
解  説
今西 彩子(鎌倉市鏑木清方記念美術館学芸員)


特別展 「『観る・読む・描く』鏑木清方と文学
                    −硯友社を中心に−」関連事業

美術講演会 「鏑木清方 人と芸術」
※終了しました。
鏑木清方記念美術館では、特別展「『観る・読む・描く』鏑木清方と文学 −硯友社を中心に―」(5月 24日〜6月29日)を開催し、小説家・尾崎紅葉、泉鏡花などの著作の口絵・挿絵に描いた作品をきっかけに 画家として名を高め、日本美術史に名を残した清方の画業を紹介します。 この展覧会をより楽しんでいただくため、日本美術史家・河野 元昭 氏(京都美術工芸大学学長)を迎え、清方作品の芸術について講演会を開催いたします。

講  師
河野 元昭 氏(京都美術工芸大学学長)
【プロフィール】
1943年生まれ。秋田県出身。日本美術史学者。
京都美術工芸大学学長 東京大学名誉教授
前 秋田県立近代美術館長
美術専門誌『国華』前主幹
【主な著書】
尾形光琳『日本の名画 5』 講談社 1973年
『与謝蕪村』(新潮日本美術文庫)新潮社 1996年
『光悦と本阿弥流の人々』(日本の美術460) 至文堂 2004年
『北斎の花』(浮世絵ギャラリー1)小学館 2005年 他多数。
日  時
平成26年5月26日(月) 13:30〜15:00
※当日は13:00から美術館にご入館いただけます。
※15:00〜15:30まで展示解説を行います。
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館 ホール
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
料  金
500円(観覧料を含む)
お申込み
先着50名様 (電話・FAX・当館窓口にて受付中)
電話: 0467-23-6405
FAX: 0467-23-6407
    下記チラシのお申込み欄に必要事項をご記入の上、ご送付
    ください。
    美術講演会 鏑木清方 人と芸術(PDF)
    PDFファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。


夏休み・子ども参加プログラムのご案内

日本画を描く基本の骨描きに挑戦してみよう!
※終了しました。
 骨(こつ)描きは、日本画を描く時に人や物の輪郭線を描くことです。この筆の勢いや滑らかさによって絵の良し悪しが左右される重要なもので、日本画の描き方を学ぶ時に最初に習うことの一つです。
 今回は、色紙に鉛筆で下描きをし、墨で骨描きをします。その後、日本画材(主に角顔彩など)を使って絵を描きます。
 当日は、まず清方作品を鑑賞し、その優れた筆や色使いを味わい、まねて日本画の美的感覚を楽しみましょう。
描いた作品は秋に、鎌倉駅地下道ギャラリーに展示する予定です。

日  時
平成26年7月24日(木)、25日(金)、8月1日(金)のうち、
希望する1日。
午前9時30分から11時30分(予定)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
対  象
小・中学生及び高校生
(ワークシートでの説明は小中学生が対象です)
料  金
600円(材料費込み) ※同伴の見学者1名まで無料
定  員
先着36名(各回12名程度)
お申込み
7月4日(金)午前9時から電話か美術館窓口で予約受付開始。
〔お申込み・お問合せ先〕
鎌倉市鏑木清方記念美術館 電話0467-23-6405
その他
※材料はすべて美術館で用意いたします。
※身の回りにあるもの、静物、動物や物語の場面など、事前に描きたいものを自由に考え、下描きや写真などを当日ご持参ください。

親子の参加プログラムのご案内

初めて大歓迎!
美術館で絵画鑑賞と日本画入門体験!
※終了しました。
「美術館で子どもが騒いだら大変!」「まだ小さいから鑑賞は無理かな?」と思っていらっしゃる方々、この機会にお子様と一緒に美術館へいらしてみませんか?
このプログラムでは、まず美術館での鑑賞マナーを学びます。そして展示室で作品を鑑賞した後、お子様は日本画の画材を用いて「夏」をテーマに絵てがみを描きます。
 ご参加前に、「夏」をいっぱいイメージしてから何を描くか決め、あらかじめ下描きした紙をお持ちになるか、描きたいものの写真や本などをご持参ください。
 清方作品の独特な筆や色使いを味わい、その余韻のなかで日本画の美的感覚を楽しみましょう。

日  時
平成26年7月31日(木)
午前9時30分から11時30分(予定)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
対  象
4歳から小学3年生までの未就学児と児童、及びその保護者。
(親子2人で1組。親1人に対し、子どもが複数の場合は子どもの人数を組数とします。)
料  金
1組800円(材料費込み)
定  員
先着15組。予約制。
お申込み
      
6月18日(水)午前9時から電話か美術館窓口で予約受付開始。
〔お申し込み・お問合せ先〕
鎌倉市鏑木清方記念美術館 電話0467-23-6405
その他
※材料はすべて美術館で用意いたします。
※「夏」をテーマに描きたいものを自由に考え、下描きや写真などを当日ご持参ください。


鎌倉の小さな美術館へようこそ!
※終了しました。
鎌倉には、様々な美術館・博物館施設が点在しています。その中でも、鎌倉市鏑木清方記念美術館と北鎌倉葉祥明美術館は一人の作家に焦点をあてた美術館として活動しています。時代背景も表現方法も違う作家ですが、鎌倉に導かれた二人の画家の世界を探訪してみませんか?

期  間
平成26年(2014) 5月24日(土)〜8月26日(火)
実施施設
北鎌倉葉祥明美術館
あじさい寺として有名な「明月院」や鎌倉時代から続く「円覚寺」など、歴史と伝統に息づく、古都・北鎌倉に1991年に開館しました。イタリア・ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞作家である葉祥明の初期の作品から水彩画・油彩画・デッサンなどの原画を展示しています。館はお父さんの書斎や子供たちの部屋などに分かれ、友人の家に遊びに行くような気持ちで訪れることができる癒やしの美術館です。
北鎌倉葉祥明美術館
〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内318-4
TEL:0467-24-4860 / FAX:0467-24-6536
【アクセス】  JR横須賀線「北鎌倉駅」下車、南に徒歩7分左折
【開館時間】  10:00〜17:00(入館は16:30まで)
【休館日】   年中無休
【入館料】   チラシ持参の方割引します。
          大人700円→600円 小人350円→300円

【期間中開催の展覧会】
          新作DVD「Healing Heart」展 
            4/26(土)〜7/18(金)
          「はちぞうのちいさな願い事」展 
            7/19 (土) 〜 9/19 (金)
          ※常設展、企画展共にご覧頂けます。

鎌倉市鏑木清方記念美術館
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
Tel: 0467-23-6405 / Fax: 0467-23-6407
【アクセス】   JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に
          7分左折
【入館料】    チラシ持参の方割引します。
【開催期間中の展覧会】
          特別展「『観る・読む・描く』 鏑木清方と文学
             −硯友社を中心に−」
             5/24(土)〜6/29(日)
            一般300円→250円 小・中学生150円→100円
          企画展「清方の挿絵ができあがるまで」
             7/4(金)〜8/26(火)
            一般200円→150円 小・中学生 無料
           (小中学生同伴の場合は大人1名無料)

【2館の移動時間】
徒歩:約20分  電車:徒歩含め約15分  タクシー:乗車時間約5分
※葉祥明美術館から鏑木清方記念美術館までタクシーご利用の場合、鎌倉八幡宮バス停付近で下車して、小町通りに入り、徒歩約2分です。
内  容
*以下のチラシ(PDF)をダウンロードしてご利用ください。
鎌倉の小さな美術館へようこそ!(チラシPDF)
PDFファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。


ワークショップ(英語対応)のご案内  外国人の方、大歓迎!
日本画材を使って、うちわに絵を描こう!
※終了しました。
 うちわは日本で古くから使われている、夏の代表的な風物です。日本画家・鏑木清 方は、 うちわを手に持つ女性を作品に描いているほか、うちわそのものにも絵を描きました。
 鎌倉市鏑木清方記念美術館では、日本の伝統的な文化と、日本の絵画で使われている日本画材に 触れていただくため、ワークショップを開催します。
 当日は、モチーフとして和玩具などをご用意しておりますが、お好みの描き たいものの写真やスケッチなどをご持参ください。
 また、日本画材はすべて当館でご用意しております。
     
講  師
学芸員等
長谷川 幾与氏(画家・多摩美術大学助手)(8月2日・30日のみ)
日  時
2014年6月15日(日)13:00〜15:30
     7月19日(土)13:00〜15:30
     8月2日(土)13:00〜15:30
     8月30日(土)10:00〜15:00
(画材が無くなり次第終了します)
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
料  金
参加者1名様につき、800 円
(税込/別途、入館料300円がかかります)
定  員
一度に最大18名様までご参加いただけます
お申込み
予約お申込み可
13:00、14:00、15:00
(8月30日のみ 10:00、11:00、12:00、13:00、14:00)
〔お申込み・問い合わせ先〕
鎌倉市鏑木清方記念美術館 0467-23-6405
主催:鎌倉の美術館 外国人利用のための環境整備事業実行委員会

鏑木清方誕生日記念 絵はがきプレゼント
※終了しました。
8月31日は鏑木清方の誕生日です。
誕生日記念イベントとして、絵はがきのプレゼントを実施いたします。

日  時
平成26年8月31日(日)
開催中の
展 覧 会
企画展「手もとで味わう 清方の芸術―卓上芸術と秋の風情―」
内  容
当日ご来館の先着30名様に、開催中の展覧会に関連する絵はがきをプレゼントいたします。


特別展「清方描く 季節の情趣−大佛次郎とのかかわり−」関連事業

もっと知りたい!日本画家・鏑木清方と小説家・大佛次郎

美術講演会「大佛次郎と『苦楽』 −美術との接点−」
※終了しました。
 鏑木清方記念美術館では、特別展「清方描く 季節の情趣 −大佛次郎とのかかわり−」(10月31日〜12月4日)を開催し、鏑木清方が大佛次郎主宰の雑誌『苦楽』のために描いた作品を中心にご紹介いたします。
 この展覧会をより楽しんでいただくため、大佛次郎記念館 特任研究員の猿渡 紀代子氏を迎え、大佛次郎と『苦楽』についての講演会を開催いたします。

講  師
猿渡 紀代子 氏

【プロフィール】
横浜美術館・大佛次郎記念館 特任研究員。
公益財団法人 三溪園保勝会 副理事長。

版画を主な専門分野として、横浜美術館にて下記の展覧会の企画を手がける。
「恩地孝四郎 −色と形の詩人」展(1994年)
「アジアへの眼 外国人の浮世絵師たち」展(1996年)
「幕末・明治の横浜」展(2000年)
「ポール・ジャクレー展 虹色の夢をつむいだ
 フランス人浮世絵師」(2003年)
「銅版画家 長谷川潔展 作品のひみつ」(2006年)

主な著書に『長谷川潔の世界』全3巻(有隣堂、1998年)他。
     
日  時
平成26年11月11日(火) 13:30〜15:30
※当日は13:00から美術館にご入館いただけます。
※15:00より展示解説を行います。
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館 ホール
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
料  金
500円(観覧料を含む)
お申込み
先着50名様 (電話・FAX・当館窓口にて受付中)
電話: 0467-23-6405
FAX: 0467-23-6407
    下記チラシのお申込み欄に必要事項をご記入の上、ご送付
    ください。
    美術講演会 大佛次郎と『苦楽』 −美術との接点−(PDF)
    PDFファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。

特別鑑賞イベント 大佛次郎茶亭を巡る特別鑑賞Day
※終了しました。
内 容
学芸員による本特別展の展示解説ののち、大佛次郎茶亭(鎌倉市雪ノ下)にご案内、見学します。
日時: 平成26年11月3日(土) 15:00〜16:20頃
会場: 鎌倉市鏑木清方記念美術館
料金: 無料(別途、観覧料300円がかかります。)
お申込み: 不要(当日、直接当館へお越しください)


大佛次郎記念館 トークサロン「大佛次郎の雑誌を読む・見る・楽しむ」
 〜展示鑑賞とレクチャー、
  その後大佛夫人のレシピによるチーズケーキでティー・タイム〜
※終了しました。
内 容
日時: 平成26年11月24日(月・振休)13:30〜15:00
講師: 山田 俊幸 氏(帝塚山学院大学 教授)
場所: 大佛次郎記念館
定員: 18名様
参加費: 800円(入館料・茶菓子代を含む)


鎌倉小町通り・八幡宮エリア 鎌倉ミュージアムめぐり
鎌倉の小町通りと八幡宮周辺には、魅力的な文化施設が点在しています。このうち鎌倉市鏑木清方記念美術館、鎌倉市川喜多映画記念館、神奈川県立近代美術館鎌倉、鎌倉国宝館では、2014年の4月から12月にかけて、あわせて訪ねたくなるようなプログラムをご用意して、皆さまのお越しをお待ちしています。ぜひご利用ください。

いつでも参加できる!スタンプラリー
※終了しました。
期間中に4つの施設に設置してあるスタンプを3つ以上集めると、その場で素敵な景品がもらえます(6月9日〜7月4までは2つのスタンプで商品がもらえます)。
*スタンプ用紙は下記のチラシ(PDF)内に掲載しています。
*景品がなくなり次第終了します。

実施期間
2014年4月5日(土)〜2014年12月14日(日)
スタンプ
設置場所
鎌倉市鏑木清方記念美術館
鎌倉市川喜多映画記念館
神奈川県立近代美術館 鎌倉(6月9日(月)〜7月4日(金)まで休館)
鎌倉国宝館(6月末まで休館)
スタンプ
用紙
*以下のチラシ(PDF)をダウンロードしてご利用ください。
  鎌倉小町通り・八幡宮エリア ミュージアムめぐり
  PDFファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。


江の島・鎌倉 キラキラキャンペーン
鎌倉市鏑木清方記念美術館は、小田急電鉄株式会社と日本航空株式会社が実施する、江の島・鎌倉の観光施設利用でJAL のマイルがたまる 「江の島・鎌倉キラキラキャンペーン」に参加しています。

対象の方にJAL のマイルをプレゼント!
※終了しました。
小田急の「江の島・鎌倉フリーパス」をご利用で、江の島・鎌倉エリアの指定された観光施設(6施設)をお楽しみいただくと、「JMB カード」、「JAL カード」、「JAL カードOP クレジット」をお持ちの方に、JALのマイルがプレゼントされます。
※各施設にて、お一人さまにつき1日1回、施設ごとに設定されたマイルのプレゼントになります。
※当館では10マイルをプレゼントします(美術館への入館料が必要です)。
※割引周遊券「江の島・鎌倉フリーパス」と対象の「カード」を美術館の受付窓口でご提示ください。

開催期間
2014年11月29日(土)〜2015年2月15日(日)
対象の
観光施設
・鎌倉市鏑木清方記念美術館
(当館へのご入館は、小田急「江の島・鎌倉フリーパス」のご提示でご本人様のみ50円割引になります)
・江の島シーキャンドル(展望灯台)
・イル・キャンティ・カフェ江の島(島内)
・鎌倉文学館
・鎌倉市川喜多映画記念館
・藤沢市観光センター
詳細
詳細は下記リンク先をご参照ください。
*キャンペーンページ
  江の島・鎌倉 キラキラキャンペーン
*ニュースリリース(PDF)
  日本航空・小田急電鉄共同リリース
  PDFファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。


美術館鑑賞入門 イベント

美術館てどう観るの? ひとまず行ってみよう!
※終了しました。
美術館へ行ったことのない人、美術館て敷居が高いと感じる人のための参加プログラム
「美術館てまだ一度も行ったことがない」「行ったことはあるけど、一体どう絵を見たらいいのかわからない」「敷居高〜!」と思っていらっしゃる方々、この機会に是非、美術館へいらしてください。鎌倉市立唯一の地元の美術館で、絵の見方、美術館での過ごし方を体験してみませんか?当日は、集合場所の駅から美術館へ、スタッフと鎌倉の雰囲気を味わいながら向かいます。体験内容は、美術鑑賞の入門と、学芸員の展示解説、鑑賞した感想の共有です。ちょっと他の人の感じ方が聞けるかもしれませんね。気軽なご参加、大歓迎です。お待ちしています。

開催日
平成27年(2015)2月3日(火)10:00〜11:30
集合
集合場所:鎌倉駅東口 改札
集合時間:10:00
詳細
*以下のチラシ(PDF)をダウンロードしてご利用ください。
 美術館てどう観るの?
 ひとまず行ってみよう!(チラシPDF)

PDFファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。

 

会 場: 鎌倉市鏑木清方記念美術館
対 象: 一般(事前申込、当日参加も可)
料 金: 1人500円。(入館料込み)
協 力: NPO はじめまして、美術館。
〔申し込み・問い合わせ先〕
鎌倉市鏑木清方記念美術館 電話 0467−23−6405
アクセス: JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、
       小町通りを北に徒歩7分左折。
[主 催] 公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団 
      (鎌倉市鏑木清方記念美術館指定管理者)


山口蓬春記念館(葉山町)との連携企画
昭和期に活躍し、近代数寄屋造建築で知られる建築家・吉田五十八(1894〜1974)は、鏑木清方と山口蓬春の邸宅を設計しています。二人は五十八の設計した画室をこよなく愛しました。鏑木清方記念美術館(復元)と山口蓬春記念館では、当時の制作の場を偲ぶことができる画室をご紹介しています。連携企画の開催中、入館料の相互割引のほか、ワークシートもご用意しておりますので、ぜひ二つの館にご来館の上、お楽しみください。

「鏑木清方と山口蓬春 ― 吉田五十八(いそや)建築にみる日本画家の画室」
※終了しました。 

期  間
平成27年(2015) 1月4日(日)〜2月22日(日)
*山口蓬春記念館は1月4日(日)〜1月8日(木)まで休館です。
実施施設
山口蓬春記念館
戦後、疎開先から葉山(現山口蓬春記念館)に転居した蓬春は、昭和28年(1953)、戦前の自邸に引き続き、画室の設計を吉田五十八に依頼しました。
東京美術学校(現東京藝術大学)の同窓であった五十八は、自らが確立した近代数寄屋の良さを活かしつつ、蓬春の好みを反映したモダンで明るい画室を作り上げました。
山口蓬春記念館
〒240-0011 神奈川県三浦郡葉山町一色2320
TEL:046‐875-6094
【アクセス】  JR横須賀線・湘南新宿ライン「逗子駅」より京浜急行
         バス3番乗場又は京浜急行線「新逗子駅」南口2番乗
          場より「海岸回り葉山行(逗12)」か「海岸回り葉山福
          祉文化会館行(逗11)」にて約18分「三ヶ丘・神奈川県
          立近代美術館前」下車徒歩2分。
【バスの時刻表】
 (時刻表 逗子駅より三ヶ丘へ
 (時刻表 三ヶ丘より逗子駅へ
【開館時間】  10:00〜17:00(入館は16:30まで)
【休館日】   毎週月曜日(1月12日は開館)、
          1月4日(日)〜7日(水)、13日(火)
【入館料】   期間中、鏑木清方記念美術館の展覧会チケットの
          半券、または「鏑木清方と山口蓬春」イベントチラシ
          のご提示で各館の入館料を割引します。
          大人600円→500円
 高校生以下は無料
【期間中開催の展覧会】
          「山口蓬春事始め 山口蓬春記念館大辞典」 
            1/8(木)〜3/22(日)

鎌倉市鏑木清方記念美術館
清方は吉田五十八に依頼し、昭和7年(1932)東京・牛込矢来町の自宅を改築しました。
五十八の設計による画室をいたく好み、後の昭和29年(1954)、鎌倉・雪ノ下に居を構える際、矢来町の画室を模して採り入れました。
鎌倉市鏑木清方記念美術館では、昭和29年建築当時の部材をそのまま使用して再現しています。

〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
Tel: 0467-23-6405 / Fax: 0467-23-6407
【アクセス】   JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に
          7分左折
【入館料】    期間中、山口蓬春記念館の展覧会チケットの半券、
          または「鏑木清方と山口蓬春」イベントチラシのご提
          示で各館の入館料を割引します。

【開催期間中の展覧会】
          新春企画「羽子板と正月の風情」
             〜1/18(日)まで
            一般200円→150円 小・中学生100円→50円
          企画展「鏑木清方の肖像画と美人画」
             1/23(金)〜2/22(日)
            一般200円→150円 小・中学生100円→50円

【2館の移動時間】
約50分  鏑木清方記念美術館→(徒歩7分)→JR鎌倉駅→(JR横須賀線5分)→JR逗子駅→京浜急行バス3番乗場「海岸回り葉山行(逗12)」か「海岸回り葉山福祉文化会館行(逗11)」にて約18分→「三ヶ丘・神奈川県立近代美術館前」下車→(徒歩2分)→山口蓬春記念館
内  容
*以下のチラシ(PDF)をダウンロードしてご利用ください。
鏑木清方と山口蓬春
 吉田五十八建築にみる日本画家の画室(チラシPDF)

PDFファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。
 

「ちょこっと日本画・ほっこり日本茶」受付中
開催日:平成27年(2015)2月7日(土)
日本画のワークショップとお茶会をセットにしたイベントを開催します。皆様のご参加をお待ちしております。

【鎌倉市鏑木清方記念美術館】
「日本画材を使って小色紙に描いてみよう!」
〈開催時間〉…9:00〜15:00(画材がなくなり次第終了します)
〈参加費〉…800円(山口蓬春記念館のイベントご参加の方は600円)※入館料200円が別途かかります
〈場所〉…鎌倉市鏑木清方記念美術館ホール ※日本画材はすべて美術館でご用意いたします。
〈お申込み〉…予約申込可 9:00、10:00、11:00、12:00、13:00、14:00(14:30までにお越しください)
お問合せ:鎌倉市鏑木清方記念美術館 0467(23)6405

【山口蓬春記念館】
旧山口蓬春邸の佇まいとともに季節のお菓子とお抹茶をお楽しみいただけます。
〈開催時間〉…10:30〜16:00
〈参加費〉…400円(鏑木清方記念美術館のイベントご参加の方は200円)※入館料600円が別途かかります
〈場所〉…山口蓬春記念館「桔梗の間」(椅子席もご用意しています)
〈定員〉…先着50名様
〈お申込み〉3日前までにお電話にて「氏名・電話番号・人数」をご予約ください。
〈ご予約時間〉…10:30、11:30、12:30、13:30、14:30、15:30
〈お問合せ〉…山口蓬春記念館 046(875)6094


特別展「清方描く 季節の情趣−大佛次郎とのかかわり−」関連事業

もっと知りたい!日本画家・鏑木清方と小説家・大佛次郎

入館料相互割引
※終了しました。
内 容
期間中、各館のチケット半券を窓口でご提示いただくと、入館料が割引になります。
鏑木清方記念美術館 特別展 300円 → 250円(50円割引)
               企画展 200円 → 150円(50円割引)
大佛次郎記念館    200円 → 150円(50円割引)


ミュージアムグッズ 特別販売
※終了しました。
内 容
鏑木清方記念美術館と大佛次郎記念館で人気のミュージアムグッズを期間中、どちらの館でも お買い求めいただけます。


ワークシートでの展示ご案内
※終了しました。
内 容
各館の展示作品をよりじっくりとご鑑賞いただけるよう、ワークシートをご用意しております。


財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン