HOME 美術館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 ミュージアムグッズ English
総合案内

日本画制作ワークショップ

日本画材を使って、絵を描こう!

 日本画家・鏑木清方が描いた日本画を体験してみませんか?「絵が苦手!」「初めてだけど大丈夫?」という方も、日本画の初心者向けの画材で描くのでお気軽にご参加ください!
 今回は日本画ならではの箔(はく)を細かく散らした砂子(すなご)を用いることもできます。展示室で清方の筆遣いをじっくり鑑賞した後に、絵を描く楽しさを味わいましょう!
 当日は、身の回りにあるもの、花、静物、動物や、物語の場面など、事前に描くものを自由に選んできてください。日本画材はすべて当館でご用意しております。


日  時
平成28年6月18日(土)
@13時〜14時30分 A15時〜16時30分
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
講  師
当美術館学芸員、及び客員研究員等。
詳  細
*以下のチラシ(PDF)をダウンロードしてご利用ください。
日本画材を使って、絵を描こう!(チラシPDF)
PDFファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。
 

料 金:1人800円。砂子(箔)をご希望の方は1,000円(入館料別途)。
     画材は全て当館で用意いたします。
定  員
24名様(各回12名様程度)
6月1日(水)午前9時より受付開始
〔申し込み・問い合わせ先〕
鎌倉市鏑木清方記念美術館 電話0467-23-6405
(ご参加の時間帯@かAをお選びください)


美術講演会

「京都画壇の画家たち −清方との関わり−」
 特別展「古きよき抒情を求めて −珊々会出品作品を中心に−」では、島屋美術部による展覧会「珊々会」展に出品した作品を中心に紹介し、昭和前期の清方の画業を振り返ります。珊々会は、西山翠嶂、西村五雲、菊池契月、上村松園など、京都画壇で活躍した画家が名を連ねており清方と交流を持っていました。
 この度、本展をよりお楽しみいただくため、竹内栖鳳、上村松園、菊池契月など京都画壇の画家たちの画業や清方との関わりについて講演会を開催します。

講  師
鬼頭 美奈子 氏
(名都美術館 主任学芸員)
日  時
平成28年6月6日(月) 13:30〜15:30
※当日は13:00から美術館にご入館いただけます。
※15:00より当館職員による展示解説を行います。
会  場
鎌倉市鏑木清方記念美術館 ホール
〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
料  金
500円(観覧料を含む)
詳  細
*以下のチラシ(PDF)をダウンロードしてご利用ください。
京都画壇の画家たち ―清方との関わり― (チラシPDF)
PDFファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。
 
定員50名(先着順)
―申し込み受付中―

電話: 0467-23-6405
FAX: 0467-23-6407


鎌倉文化ゾーン〔小町通り・八幡宮エリア〕
ミュージアムめぐり スタンプラリー
鎌倉の小町通りと八幡宮周辺には、魅力的な文化施設が点在しています。このうち鎌倉市鏑木清方記念美術館、鎌倉市川喜多映画記念館、神奈川県立近代美術館鎌倉、鎌倉国宝館では、2016年の4月から2017年の1月にかけて、あわせて訪ねたくなるようなプログラムをご用意して、皆さまのお越しをお待ちしています。
期間中に4つの施設に設置してあるスタンプを3つ以上集めると、素敵な景品がもらえます。ぜひご利用ください。
*スタンプ用紙は下記のチラシ(PDF)内に掲載しています。
*景品がなくなり次第終了します。

実施期間
平成28年4月9日(土)〜平成29年1月15日(日)
スタンプ
設置場所
鎌倉市鏑木清方記念美術館
鎌倉市川喜多映画記念館
神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
鎌倉国宝館
スタンプ
用紙
*以下のチラシ(PDF)をダウンロードしてご利用ください。
  鎌倉小町通り・八幡宮エリア ミュージアムめぐり
  PDFファイルをご覧になるためにはAdobeReaderが必要です。
 
 


公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン