展覧会

企画展

清方、人物を描く-四季を彩る花々とともに-

会 期
平成30年3月2日(金)~平成30年4月15日(日)
開館時間
午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
休 館 日
毎週月曜日
展示解説
3月10日(土)、24日(土)、4月14日(土) 午後1時30分から
観 覧 料
一般 200円(140円)、 小・中学生 100円(70円)
※( )内は20名以上の団体料金
関連事業
春休み親子鑑賞
期間:3月23日(金)~4月4日(水)
期間中、小・中学生及び同伴者観覧料無料
春休み子ども参加プログラム 日本画ワークショップ
日時:平成30年4月3日(火)、4日(水)
定員:各回12名程度(要ご予約)
清方は植物をはじめ季節の風物を数多く写生し、制作に生かしました。季節の風情と女性の美しさが融合した美人画は、日本画壇で高い評価を得ました。清方は肖像画も得意とし、自分を画家の道へ導いた三遊亭圓朝の姿を描いたことをきっかけに、肖像画の製作に熱心に取り組むようになります。実際に対面したことのない人物も、丹念に伝記や関連作品を読み解き、ゆかりの人に取材するなどして、その人柄を描き出しました。本展覧会では、肖像画、美人画とともに、季節の草花を愛した清方が自然美を追求した作品や口絵をご紹介します。
 

作品目録WORKS INFORMATION

作品名 制作年
カルメン 大正8年(1919)
桜乙女 昭和14年頃(ca.1939)
崔承喜 一 昭和18年(1943)
牡丹 一、二 制作年不詳
緋桃『文藝俱樂部』木版口絵 明治42年(1909)
全て当館蔵

約50点