展覧会

平成30年度

  • 特別展

    泉鏡花生誕145年記念 清方描く、鏡花の世界

    会 期
    平成30年10月20日(土)~11月25日(日)
    開館時間
    午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
    休 館 日
    毎週月曜日、11月6日(火)
    展示解説
    10月27日、11月10日、24日の土曜日
    午後1時30分から
    観 覧 料
    一般 300円(210円)、小・中学生 150円(100円)
    ※( )内は20名以上の団体料金です。
    関連事業

    ◆ワークショップ
    【隈取りの技法で墨絵を描こう!】(要ご予約)
    日時:10月20日(土)
    ①13:00~14:30 ②15:00~16:30
    【胡粉を使って日本馬を描いてみよう!】(要ご予約)
    日時:11月17日(土)
    ①13:00~14:30 ②15:00~16:30

    ◆日本舞踊イベント
    「教えて!清方の日本舞踊の世界」
    日本画家で花柳流師範の中千尋(花柳中太郎)氏を迎え、清方作品にみる踊りの美を素踊りと作品解説によりご堪能いただきます。
    日時:11月23日(金)13:30~14:10

    ◆泉鏡花小説の朗読とともに作品鑑賞デー
    泉鏡花の世界を朗読劇と学芸員の作品解説でお楽しみにいただけるイベント
    日時:10月27日(土)、11月10日(土)、24日(土) 13:30~14:10

    ◆美術講演会
    特別展をより深くお楽しみいただくため、美術講演会を開催します。(要ご予約)
    日時:11月6日(火) 13:30~15:00

     明治20年代末、10代の鏑木清方は泉鏡花の文学に魅了され、鏡花の小説へ挿絵を描くことを目標に研鑽を積んでいました。
     そんな清方と鏡花との交流は、明治35年(1902)、単行本『三枚續』の表紙装丁や口絵などを手がけたことに始まります。二人は初対面で旧知の仲のように打ち解け、それから公私ともに親交を深めていきます。そして、装丁や口絵を製作し、「鏡花作、清方ゑがく」と称されるような美術的にも価値のある本を世に送り出しました。清方が日本画家として活躍するようになってからも二人の交流は続き、鏡花文学は清方の創作の源であり続けました。
     本特別展では、鏡花生誕145年を記念し、清方が鏡花の著書に描いた口絵のほか、鏡花文学に取材した名品を中心に紹介いたします。

    詳しく見る

  • 特別展

    清らかに、うるわしく-清方の美人画-

    会 期
    平成30年5月26日(土)~7月1日(日)
    開館時間
    午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
    休 館 日
    毎週月曜日、6月5日(火)
    展示解説
    5月26日、6月9日、23日の土曜日
    午後1時30分から
    観 覧 料
    一般 300円(210円)、小・中学生 150円(100円)
    ※( )内は20名以上の団体料金です。
    関連事業

    ◆開館20周年特別イベント 美術館で落語会
    八代目・春風亭柳橋師匠を迎え、清方の作品とともに圓朝との関わりを紹介する学芸員との対談と落語の二部構成でお楽しみいただきます。(要ご予約)
    日時:6月5日(火)13:30開場/14:00開演
    出演:春風亭柳橋
    会場:鎌倉市鏑木清方記念美術館
    料金:2,000円
    お申込み:当館窓口、お電話にて5月1日(火)9:00より受付開始
    ◆日本舞踊イベント
    清方が好んだ日本舞踊~素踊りによる実演と解説~
    日時:6月16日(土)13:30~14:00(予定)
    講師:中千尋氏(日本画家・花柳流師範)
    ◆鎌倉のアジサイと清方作品鑑賞プログラム
    鎌倉駅から小路の紫陽花スポットを巡りながら美術館へ向かい、清方のあじさい関連作品を鑑賞します。
    日時:6月16日(土)、23日(土)、28日(木)、30日(土)
    ◆日本画ワークショップ
    岩絵具を使って絵を描こう!(要ご予約)
    日時:6月17日(日)
    ①13:00~14:30 ②15:00~16:30
    お申込み:当館窓口、お電話にて4月17日(火)より受付開始
    参加費:1000円(観覧料含む)

     近代を代表する美人画家として知られる鏑木清方ですが、日本画壇で活躍し始めた大正期は、「美人画家」という枠にはめられることに抵抗を感じていました。しかし、太平洋戦争が激化する昭和10年代の終わり、戦意昂揚のための作品を描くことを求められる中、心から描きたいと望んだものは、清らかで美しい、平和を象徴するような美人画でした。
     清方は、江戸から明治の女性の姿、しぐさ、装いの中に、自らの求める美を見出し、生涯をとおし美人画を描き続けました。本展覧会では、その生誕140年を記念し、清方芸術の粋を集めた美人画を中心にご紹介します。

    詳しく見る