HOME 美術館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 ミュージアムグッズ English
総合案内

新春企画 羽子板と正月の風情

Hagoita(Battledores) and Works of New Year Season

  【会   期】
平成26年12月12日(金)
~平成27年1月18日(日)
【開館時間】
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】
毎週月曜日(1月5日(月)・12日(月・祝)は開館)、
年末年始の12/30(火)~1/3(土)
【観 覧 料】
一般200円(140円)
小・中学生100円(70円)
※( )内は20名以上の団体
料金。

         
12 December, 2014 - 18 January, 2015
Hours : 9:00-17:00 (Admission until 16:30)
Closed on Mondays (except for 5, 12 January), 30 December, 2014 - 3 January, 2015
Admission : Adults JPY200 (JPY140) / Elementary and Junior high school students JPY100(JPY70)
※Group discount fee for 20 or more people is shown in parentheses.
羽子板は古くから正月の風物として親しまれてきました。 江戸時代からは色とりどりの豪華な装飾の押絵羽子板が見られはじめ、現代に伝わっています。 鏑木清方は、押絵羽子板の研究団体の顧問を務めていたことがあり、会には名押絵師の吉田永光や永井周山が属していました。吉田永光は、大正11年(1922)に第四回帝展に出品された清方作《春の夜のうらみ》を押絵羽子板に意匠化し、永井周山は昭和10年(1935)に個展へ出品された《明治風俗十二ヶ月》をもとに制作しています。このように清方の情趣に満ちた作品は押絵師たちの制作欲をかきたてるものとなりました。 本展覧会では、押絵羽子板を中心に、清方が描いた初春の風情豊かな作品を紹介いたします。

This exhibition will show the raised cloth pictures for hagoita (battledore) created based on Kiyokata's works.
展示解説 12月13日・27日、1月10日の土曜日 午後1時30分から
交通案内 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
展示作品 主な展示作品

永井周山作 「明治風俗十二ヶ月」(昭和10年)
押絵羽子板《ためさるゝ日》 
吉田永光作 押絵羽子板《春の夜のうらみ》 
《春の立場茶屋》(大正末)
《ためさるゝ日》(右幅)(大正7年)
《早春》(大正7年)
《新年附録時代美人風俗双六》『文藝倶楽部』附録(大正2年)

 ほか、明治から昭和に活躍した小説家・村上浪六の著書のために描かれた清方の口絵など、59作品74点
連携事業 鏑木清方と山口蓬春
平成27年1月4日(日)~2月22日(日)
建築家・吉田五十八(1894~1974)が設計した画室をこよなく愛した清方と蓬春の記念美術館が連携して鑑賞イベントを開催します。期間中は入館料の相互割引の他、ワークシートをご用意しています。また、2月7日(土)に日本画ワークショップとお茶会をセットにしたイベント「ちょこっと日本画・ほっこり日本茶」を開催します。
詳しくはこちら
 
公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン