HOME 美術館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 ミュージアムグッズ English
総合案内

企画展 「樋口一葉没後120年記念 ひびきあう、清方と文学」

Thematic Exhibition Ⅱ: The 120th Anniversary of Higuchi Ichiyo's Death: Harmony between Kiyokata and Literature

  【会   期】
平成28年9月3日(土)
        ~10月19日(水)
【開館時間】
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】
毎週月曜日(9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)
【観 覧 料】
一般200円(140円)
小・中学生100円(70円)
※( )内は20名以上の団体
料金。
  
3 September - 19 October, 2016
Hours : 9:00-17:00 (Admission until 16:30)
Closed on Mondays (except 19 Sep. and 10 Oct.), 20 Sep. and 11 Oct.
Admission : Adults JPY200 (JPY140) / Elementary and Junior high school students JPY100 (JPY70).
※Group discount fee for 20 or more people is shown in parentheses.
十代の頃の清方は、樋口一葉の著作を愛読し、いつか挿絵を描きたいと切望していました。しかし、明治29年(1896)に一葉が24歳の若さで他界したため、その願いが叶うことはありませんでした。
 その後、挿絵画家として当時の人気小説家たちと仕事をするようになり、世間に広く認められ、日本画家へ転身し、近代日本画を代表する画家となります。一葉の文学を敬愛する気持ちは変わることなく、折に触れて画題に取り上げ、特に『たけくらべ』の主人公・美登利を繰り返し描きました。
 本企画展では、一葉の没後120年を記念し、自らの「制作の水上」と位置づける代表作の一つ《一葉女史の墓》のほか一葉に関する作品を中心に、尾崎紅葉や泉鏡花の著作など、当時の文学との深いかかわりを、秋の情趣が感じられる作品とともにご紹介します。 (全56作品73点の展示)

We commemorate the 120th anniversary of the death of a Japanese novelist, Higuchi Ichiyo. Kiyokata loved Ichiyo's works and painted various characters who appeared in those novels. In this exhibition, you see mainly the Kiyokata's paintings and illustrations which inspired by Ichiyo's and the other novelists' literatures.
展示解説 9月10日・24日、10月8日の土曜日 午後1時30分から
交通案内 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
展示作品 主な展示作品

秋宵 明治36年(1903)
にごりえ 
昭和9年(1934)
金色夜叉の絵看板 
明治38年(1905)頃
一葉女史の墓 
明治35年(1902)
泉鏡花著『無憂樹』木版口絵 昭和39年(1906)
砧 
昭和22年(1947) 
                            
                            ほか 全56作品73点
関連事業 日本画制作実演
日本画家・長谷川幾与氏による制作実演。
10月9日(日)、10日(月・祝)  13:30~15:30


日本画制作ワークショップ
初心者向けの日本画材を使って絵を描くワークショップ。
隈取り(くまどり)の技法で墨絵を描こう!
9月17日(土)  ①13:00~14:30 ②15:00~16:30

日本画材を使って、没骨(もっこつ)の技法に挑戦しよう!
10月15日(土)  ①13:00~14:30 ②15:00~16:30
 
公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン