HOME 美術館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 ミュージアムグッズ English
総合案内

企画展 清方の作品から学ぶ、 日本画の描き方

Learning How to Paint Nihonga from Kiyokata's Work

  【会   期】
平成27年7月3日(金)
~8月23日(日)
【開館時間】
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】
毎週月曜日(7月20日(月・祝)は開館)、7月21日(火)。
【観 覧 料】
一般200円(140円)
小・中学生 無料
※( )内は20名以上の団体
料金。

         
3 July - 23 August, 2015
Hours : 9:00-17:00 (Admission until 16:30)
Closed on Mondays(except for 20 July), 21 July
Admission : Adults JPY200(JPY140) / Elementary and Junior high school students are free of charge
※Group discount fee for 20 or more people is shown in parentheses.
 流れるような描線と、粋を凝らした配色など、清方は作品へ卓越した技と趣向をゆきわたらせた画家です。
 清方は、明治半ばから挿絵画家として新聞や雑誌の小説へ数えきれないくらい挿絵を描き、人物を線で捉える修練を積みました。やがて日本画家を志すようになり、絵画技術の向上を仲間と競いながら展覧会へ出品を重ねます。そして主に江戸の文化に材を求め、絵画を研究し時代考証を重ねて描いた作品は、〈浮世絵式〉を脱した情趣豊かな芸術作品として認められるようになりました。
 本展覧会では、明治から昭和半ばまでの清方の画業をたどりながら、制作の裏側に迫るとともに、日本画の描法や画材について紹介します。

The exhibition features making of Kiyokata's Nihonga. ("Sakura-momiji," one of his masterpiece is exhibited with its preparatory drawing.) Many paintngs and drawings would show you intresting process of Nihonga.
展示解説 展示解説 7月11日・25日、8月8日・22日の土曜日 午後1時30分から
交通案内 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
展示作品 主な展示作品

桜もみぢ 昭和7年(1932)
桜もみぢ(下絵) 昭和7年(1932)
にごりえ 第2図 (画譜) 美術出版社 昭和32年(1957)
泉鏡花著『風流線』 木版口絵 明治37年(1904)
一葉女史の墓 明治35年(1902)


                              ほか 全59作品63点
関連事業 日本画ワークショップ
日本画材を使って、うちわに絵を描こう!
7月20日(月・祝) ①13:30~15:00 ②15:00~16:30

日本画制作実演
日本画家・長谷川幾与氏による日本画の制作実演を行います。
7月25日(土)・26日(日) 13:30~15:30

美術鑑賞プログラム
美術館ってどう観るの?ひとまず行ってみよう!〜日本画って?〜
鑑賞入門プログラム。集合場所の鎌倉駅前から美術館へ、スタッフと鎌倉の雰囲気を味わいながら向かいます。学芸員による展示解説のほか、クイズシートを用いて鑑賞し、感想を共有します。
7月28日(火) 10:30~12:00

子ども参加プログラム
天然岩絵具を使って描いてみよう!
7月23日(木)・24日(金)・31日(金) 9:30~11:30

美術館相互割引
夏休みは鎌倉&横浜へ!
そごう美術館とのお得な相互割引を行います
平成27年7月3日(金)~8月30日(日)
 
公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン