HOME 美術館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 ミュージアムグッズ English
総合案内

作品にみる清方の美意識

  【会   期】
平成26年1月31日(金)
~平成26年4月13日(日)
【開館時間】
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】
月曜日、3月4日(火)
【観 覧 料】
一般200円(140円)、
小・中学生100円(70円)
※( )内は20名以上の団体
料金です。
(3/23~4/6は小・中学生及び同伴者1名観覧料無料)

 清方は、両親の影響で幼少の頃から芝居を好み、役者の所作や衣装の色合いなどの美しさを学びました。13歳で水野年方に入門し、挿絵画家となった後、日本画家へと転向します。特に女性の美しさについて研究し、美人画家として人気を博しました。また、市井の暮らしに四季の叙情を込めて描いていました。

 本展覧会では、「芝居」「美人」「四季」の三つのテーマにそって、清方が美を追求して描いた作品を展示いたします。
 初公開の《女歌舞伎》(下絵)もあわせてご覧ください。

展示解説 2月8日、22日、3月8日、22日、4月12日の土曜日 午後1時30分から
交通案内 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
展示作品 主な展示作品
【1月31日(金)~3月2日(日)まで展示】
《梅蘭芳 天女散華》(大正8年) ※チラシ掲載
《秋宵》(明治36年)
《早春》(大正7年)
【3月5日(水)~4月13日(日)まで展示】
《舞妓》(昭和5年) ※チラシ掲載
《嫁ぐ人》(明治40年)

ほか 前期60作品62点、後期59作品61点
その他 <春休み親子鑑賞>
3月23日(日)~4月6日(日)の期間中、小・中学生及び同伴者1名の観覧料が無料になります。
 
公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン