HOME 美術館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 ミュージアムグッズ English
総合案内

特別展 清方描く 季節の情趣 - 大佛次郎とのかかわり -

The Sense of Seasons Expressed by Kiyokata

  【会   期】
平成26年10月31日(金)
~平成26年12月4日(木)
【開館時間】
午前9時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
【休 館 日】
毎週月曜日
(11月3日(月・祝)・24日(月・振)は開館)
【観 覧 料】
一般300円(210円)
小・中学生150円(100円)
※( )内は20名以上の団体
料金。

         
31 October - 4 December, 2014
Hours : 9:00-17:00 (Admission until 16:30)
Closed on Mondays (except for 3, 24 November)
Admission : Adults JPY300 (JPY210) / Elementary and junior high school students JPY150(JPY100)
※Group discount fee for 20 or more people is shown in parentheses.
 昭和21 年(1946)、小説家・大佛次郎主宰の文芸雑誌『苦樂』が創刊されました。大佛次郎は、敗戦の痛手により、日本人が日本の文化に自信を無くしたかのような雰囲気が漂っていた世相に対し、『苦樂』の刊行によって改めて日本ならではの美意識や文化を示そうとしました。
 数ある雑誌の中でも円熟した大人のための文学雑誌であることを特徴とし、著名な小説家の作品を掲載したほか、顔となる表紙絵を格調高いものとするため、大佛次郎の強い希望により清方に依頼されました。
 清方にとって『苦樂』の表紙絵は、戦後鎌倉に移り住んで初めて手がける仕事となりました。以前より、 手もとに広げて間近で味わうことのできる「卓上芸術」を制作し提唱していたこともあり、挿絵画家の頃より 久しぶりとなった毎月の雑誌の仕事に情熱とやりがいをもって取り組んでいました。毎号の表紙を揃えると 「美人画十二ヶ月」となるよう、明治の庶民の生活風情、愛読した小説、芝居に取材した作品まで、清方芸術の奥深さを感じさせる季節感豊かな美人画が連なります。
 本特別展では、清方が『苦樂』に描いた作品を中心に、お楽しみいただきます。
 また開催中、大佛次郎記念館(11 月20 日より「大佛次郎、雑誌『苦樂』を発刊す」を開催)と連携し、入館料の相互割引ほか、様々なイベントを開催いたします。

Kiyokata had a relationship with Osaragi Jiro, a writer lived in Kamakura. This exhibition will show mainly covers and frontispieces for the magazine "Kuraku" edited by Osaragi Jiro.
展示解説 11月8日、22日の土曜日 午後1時30分から
交通案内 JR横須賀線・江ノ電「鎌倉駅」下車、小町通りを北に徒歩7分左折
展示作品 主な展示作品

『苦楽』表紙絵原画 すべて個人蔵
舞妓 昭和22 年(1947)
牡丹 昭和22 年(1947)
湯の宿 昭和22 年(1947)
神田祭 昭和22 年(1947)
 昭和22 年(1947)
 昭和22 年(1947)
松ノ内 昭和23 年(1948)
王子詣 昭和23 年(1948)

 ほか72作品116点
 
公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン