学芸員がススめる!!

鎌倉アート&カルチャーMAP

MENU

清方、若き日の歩み~明治・大正の画業を中心に~

清方の師・水野年方の大作を展示中!

会場:鎌倉市鏑木清方記念美術館
会期:2019年7月6日(土)~8月25日(日)

 鏑木清方の父で『やまと新聞』を創刊した條野採菊は、様々な文化人と幅広い交流を持っていました。清方は父の姿を間近に見ながら、芝居や文芸、落語に親しむ幼少期を過ごします。そして、明治24年(1891)、13歳の時に父と父の友人の落語家 三遊亭圓朝の勧めにより日本画家の水野年方に入門し、16歳で挿絵画家となりました。
清方は、多くの挿絵や口絵などを手がけ人気挿絵画家となる中、自由な題材による作品制作や肉筆画の技術の向上を目的に同志と「烏合会(うごうかい)」を結成します。互いに作品を批評したり、展覧会へ出品したりするなど、烏合会での日々は清方にとり大きな刺激となり、日本画家への足がかりとなりました。
本展覧会では、清方の明治、大正の画業に焦点を当て、雑誌や単行本の口絵、烏合会出品作など、若き清方の歩みをご紹介します。

◆夏休み親子鑑賞
会期中、小・中学生と同伴者は観覧料無料!
◆「親子で美術館へ行ってみよう!」
4歳から小学3年生までのお子様と保護者の方でご参加いただけるワークショップです。(要ご予約)
日時:7月31日(水)9:30~11:30
◆夏休み子ども参加プログラム
小・中学生、高校生を対象に日本画や木版画の技法を学び、体験するプログラムです。(要ご予約)
日時:【日本画】7月24日(水)、25日(木)、8月2日(金)9:30~11:30
【木版画】7月26日(金)、8月1日(木)9:30~11:30
◆鎌倉文化ゾーン 小町通り・八幡宮エリア ミュージアムめぐりスタンプラリー
鎌倉・雪ノ下と扇ガ谷地区に点在する文化施設を巡ってミュージアムグッズをゲット!台紙は各館や鎌倉駅観光案内所にあります。景品はなくなり次第終了。【前期】2019年4月6日(土)~10月5日(土)【後期】2019年10月12日(土)~2020年3月21日(土)
スタンプ設置場所:鎌倉市鏑木清方記念美術館、鎌倉市川喜多映画記念館、鎌倉国宝館、鎌倉歴史文化交流館、神奈川県立近代美術館 鎌倉別館(後期のみ)

 

 

詳細情報

美術館名 鎌倉市鏑木清方記念美術館
住所 〒 248-0005鎌倉市雪ノ下1-5-25
電話番号 0467-23-6405
公式サイト http://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/
開館時間 午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日、(7月15日(月・祝)、8月12日(月・振)は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)
入館料 一般 200円(140円)、会期中 小・中学生と同伴者は無料
※( )内は20名以上の団体料金
アクセス 鎌倉駅より小町通りを北に徒歩7分
駐車場 なし

地図情報