収蔵品データベース

午後の海(淸方美人畫譜)ごごのうみ きよかたびじんがふ

大正3年(1914)

原色版

『淸方美人畫譜』のうち

『淸方美人畫譜』は鑑賞用として、また、絵画学習の手本として製作され、日本美術学院より刊行されました。
「午後の海」は神奈川県大磯、海の近くの家の庭先のベンチに座り、双眼鏡を手に箱根の山々や真鶴半島、伊豆大島などを眺める女性を描きました。