展覧会

令和6年度

  • 特別展

    特別展「清方と二人の弟子―門井掬水 西田青坡―」 

    会 期
    2024年5月25日(土)~6月30日(日)
    開館時間
    午前9時00分~午後5時00分 (最終入館は午後4時30分まで)
    ※20名以上の団体でのご来館を希望される場合は、事前にご連絡ください。
    休 館 日
    毎週月曜日、6月4日(火)
    観 覧 料
    一般 450円、小・中学生 220円
    関連事業
    ◆展示解説
     学芸員による展示解説を行います。
    日時:5月25(土)、6月8日(土)
       6月22(土) 13:30~
     
    ◆美術講演会【要ご予約】
     「絵から見る明治・大正・昭和
      のおしゃれ」
    日本の近代の着物や生活文化について、
    様々な絵をとおしてお話しいただきます。
    講師:中川春香氏(弥生美術館学芸員)
    日時:6月4(火)13:30~15:00
    参加費:800円(観覧料含む)
     
    ◆日本画ワークショップ【要ご予約】
     日本画材を使って、絵を描こう!
    初心者の方でも、お楽しみいただける
    ワークショップです。
    詳しくは当館ホームページをご覧ください。
    日時:6月23(日) 
       13:30~14:30、15:00~16:30
     
     
      
     
     鏑木清方のもとには、画風や人柄に惹かれて多くの入門希望者が集まり、一時、弟子は五十余人にものぼりました。中でも、門井掬水と西田青坡は、生涯を通じ清方のもっとも近くで師風を学んだ日本画家です。門井掬水(1886~1976)は茨城県に生れ、小学生の時に、当時、駆け出しの挿絵画家の清方に習い事として入門し、一番弟子となりました。西田青坡は(1895~1980)は東京深川に生れ、伯父の西田伝助が清方の父・條野採菊と深い親交を結んだのが縁となり、12歳頃に入門、住み込みで指導を受けた時期もありました。主に女性像を描いた師と同じ様に、掬水と青坡も美人画を手がけますが、次第に独自の画風を切り開き、掬水は女性たちの労働する姿、青坡は市井の生活の細やかな描写に才を発揮し優品を残しました。
     本特別展では、清方作品のほかに掬水、青坡作品をご紹介し、二人の弟子への美の伝承を辿ります。

    詳しく見る

  • 特別展

    特別展「清方えがく、華やぐ舞台~芝居絵を中心に~」 

    会 期
    2024年4月19日(金)~5月22日(水)
    開館時間
    午前9時00分~午後5時00分 (最終入館は午後4時30分まで)
    ※20名以上の団体でのご来館を希望される場合は、事前にご連絡ください。
    休 館 日
    毎週月曜日(4月29日(月・祝)、5月6日(月・振)は開館)
    観 覧 料
    一般 450円、小・中学生 220円
    関連事業
    ◆展示解説
     学芸員による展示解説を行います。
     日時:4月27(土)、5月11日(土) 
        13:30~

    ◆市民講座
     鏑木清方の芸術と日本画について当館
    スタッフによる講座を開催します。
     日時:4月23(火)~ 4月27日(土)
     

     

     大の芝居好きだった鏑木清方は、その画業をとおして歌舞伎や新派に取材した作品を多く残しました。華やかな衣裳や踊り、役者の表情など、一瞬の美しさをとらえた作品からは、舞台の見どころを熟知する芝居好きならではの視点がうかがえます。
    明治のはじめに芝居好きの両親のもとに生まれ、新富町や木挽町など劇場が軒を連ねる芝居町で幼少期を過ごした清方。後に挿絵画家となり、演芸雑誌へ挿絵やスケッチなどを寄せ、歌舞伎の合評に参加することもありました。歌舞伎座の近くに住んでいたころは、芝居の感激と興奮の熱が冷めないうちに家へ戻り、挿絵の版下絵を描いたといいます。清方にとり、芝居は最も楽しめる趣味であり、かつ魅力的な絵の題材でした。
    本特別展では、「道成寺」や「野崎村」など、清方が好んだ演目に取材した芝居絵を、演芸雑誌に寄せた挿絵などとともにご紹介します。

    詳しく見る