展覧会

平成29年度

  • 企画展

    清方の描いた 夏のけしき

    会 期
    平成29年7月7日(金)~8月27日(日)
    開館時間
    午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
    休 館 日
    毎週月曜日(7月17日(月・祝)は
    開館)、7月18日(火)
    展示解説
    7月8日、22日、8月12日、26日の土曜日 午後1時30分から
    観 覧 料
    一般 200円(140円)、 小・中学生 100円(70円)
    ※( )内は20名以上の団体料金です。
    関連事業
    夏休み親子鑑賞
    会期中、小・中学生及び同伴者観覧料
    無料
    鏑木清方は、花火や夕涼み、浴衣姿の女性など、夏の
    風物を好んで描きました。
    本特別展では、清方が情趣を感じ描いた夏の風景を、日本画を描く手順をご紹介します。

    詳しく見る

  • 特別展

    『續こしかたの記』刊行50周年記念
    名品でたどる、清方のあゆみ

    会 期
    平成29年5月27日(土)~7月2日(日)
    名文家としても知られた鏑木清方は、晩年に、随筆集『こしかたの記』『續こしかたの記』を世に出し、半生を振り返りました。昭和42年(1967)に出版された『續こしかたの記』には、日本画家としての地歩を固めた大正初めから鎌倉に移り住んだ戦後までが綴られています。
    本特別展では、『續こしかたの記』の刊行50周年を記念し、大正から昭和にかけての清方の画業のあゆみを名品でたどります。

    詳しく見る

  • 特別展

    清方没後45年 女性美と自然美
    −神奈川とのゆかり−

    会 期
    平成29年4月20日(木)~5月24日(水)
    明治から昭和に描かれた自然の風情豊かな美人画作品を、清方の代表的な美人画作品《朝涼》や、初公開作品とともに紹介。

    詳しく見る