展覧会

企画展

清方の描いた 夏のけしき

会 期
平成29年7月7日(金)~8月27日(日)
開館時間
午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
休 館 日
毎週月曜日(7月17日(月・祝)は
開館)、7月18日(火)
展示解説
7月8日、22日、8月12日、26日の土曜日 午後1時30分から
観 覧 料
一般 200円(140円)、 小・中学生 100円(70円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
関連事業
夏休み親子鑑賞
会期中、小・中学生及び同伴者観覧料
無料
鏑木清方は、花火や夕涼み、浴衣姿の女性など、夏の
風物を好んで描きました。
本特別展では、清方が情趣を感じ描いた夏の風景を、日本画を描く手順をご紹介します。

作品目録WORKS INFORMATION

作品名 制作年
深沙大王 明治37年(1904)
空虚『新小説』石版口絵 明治43年(1910)
霽れゆく村雨(下絵) 大正4年(1915)
戀の湊(淸方畫譜の八)『講談雑誌』口絵 大正5年(1916)
すべて当館蔵

 65作品69点