展覧会

次回展示のご案内

  • 特別展

    三遊亭圓朝生誕180年記念 清方と江戸の粋-三遊亭圓朝とのかかわり-

    会 期
    2019年5月25日(土)~6月30日(日)
    開館時間
    午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
    休 館 日
    毎週月曜日、6月4日(火)
    展示解説
    5月25日、6月8日・22日の土曜日
    午後1時30分から
    観 覧 料
    一般 300円(210円)、小・中学生 150円(100円)
    ※( )内は20名以上の団体料金です。
    関連事業
    ◆美術講演会
    「文明開化に生きる三遊亭圓朝-鏑木清方とのかかわり-」
    日時:6月3日(月)
    13:00~15:00(要ご予約)
    講師:須田 努氏(明治大学情報コミュニケーション学部教授(明治大学大学院情報コミュニケーション研究科長))
    参加費:500円
    ◆日本画ワークショップ
    日本画材を使って絵を描こう!(要ご予約)
    日時:6月16日(日)
    ①13:00~14:30 ②15:00~16:30
    参加費:1000円(観覧料含む)

     鏑木清方は、13歳の時、挿絵画家への道を歩み始めました。その決断には、『やまと新聞』の経営者だった父の條野採菊と、父の友人であり、創作落語で人気を博した落語家の三遊亭圓朝による後押しがありました。圓朝とは、18歳の時に彼の野洲(現・栃木県)への取材旅行に同行し寝食をともにするなど、間近に接しました。
     後に美人画の名手となる清方の美意識や画風の形成には、江戸の香りが色濃く残る明治の東京の風俗が強く影響しています。また、新しい時代の文化の担い手の一人である三遊亭圓朝の、創作への真摯な姿勢を目の当たりにしたことにも、大きく影響されました。そして、画家の道へと背中を押してくれた名落語家への感謝と敬愛は、昭和5年(1930)、52歳の時に描いた肖像画の傑作《三遊亭圓朝像》(重要文化財)に結実しました。
     本特別展では、三遊亭圓朝の生誕180年を記念し、明治時代の寄席や芝居にまつわる作品や資料とともに、清方と落語家 三遊亭圓朝のかかわりをご紹介します。

    詳しく見る

  • 特別展

    清方と金鈴社の画家たちー吉川霊華・結城素明・平福百穂・松岡映丘ー

    会 期
    2019年4月18日(木)~5月22日(水)
    開館時間
    午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
    休 館 日
    毎週月曜日(4月29日(月・祝)、4月30日(火・祝)、5月6日(月・振)は開館)
    展示解説
    4月27日、5月11日の土曜日
    午後1時30分から
    観 覧 料
    一般 300円(210円)、小・中学生 150円(100円)
    ※( )内は20名以上の団体料金です。
    関連事業
    ◆市民講座
    鏑木清方の芸術と日本画などについて当館スタッフによる講座を開催します。
    日時:4月23日(火)~4月27日(土)
    13:30~14:30(4月23日~26日)/
    11:00~12:00(4月27日)
    参加費:無料。ただし、観覧料が必要です。
     大正期の鏑木清方の歩みは、日本画壇での地歩を固めるとともに、独自の芸術の創造を模索する道のりで、浮世絵の伝統を継ぐ美人画家として知られてもなお、新たな作域を求め続けました。
     その頃、清方が重視していた活動の場に、官設の公募展である文展や帝展に次いで研究団体「金鈴社」がありました。大正5年(1916)に結成された金鈴社には、清方と当時、画壇の中堅だった吉川霊華、結城素明、平福百穂、松岡映丘が名を連ねました。それぞれが自由な研究と創作を行い、作品を発表し、互いに批評する。それを各々が制作に活かす会の活動は、大正11年(1922)まで続きました。
     清方は、金鈴社同人との交流を通して次第に風景画に傾倒し、風景の詩的世界を美人画に取り入れる新たな画風の確立へ歩みを進めました。
     本特別展では、清方の大正期を振り返るとともに、金鈴社とのかかわりをご紹介します。

    詳しく見る