展覧会

次回展示のご案内

  • 企画展

    清方の旅-涼を求めて金沢八景へ-

    会 期
    平成30年8月1日(水)~8月26日(日)
    開館時間
    午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
    休 館 日
    毎週月曜日
    展示解説
    8月11日、25日の土曜日
    午後1時30分から
    観 覧 料
    一般 200円(140円)、小・中学生 無料
    ※( )内は20名以上の団体料金です。
    関連事業

    ◆夏休み親子鑑賞
    会期中、小・中学生と同伴者は観覧料無料!
    ◆「親子で美術館へ行ってみよう!」
    未就学児を中心とした、お子様と同伴者の方でご参加いただけるワークショップです。(要ご予約)
    日時:8月1日(水)9:30~11:30(予定)
    ◆夏休み子ども参加プログラム
    小・中学生、高校生を対象に日本画や木版画の技法を学び、体験するプログラムです。(要ご予約)
    日時:【日本画】8月2日(木)、21日(火)、22日(水)
       【木版画】8月3日(金)、23日(木)

     江戸時代、現在の横浜市金沢区の海沿いは、史跡や豊かな自然に恵まれた風光明媚な地として「金沢八景」と呼ばれ、人々に親しまれていました。
     子どもの頃に目にした版画や本で金沢の美しい風景に魅了され、憧れを抱いていた清方は、大正7年に当地へ旅行し、それが縁となり2年後には別荘を構えます。たびたび家族と金沢へ出かけ、釣りや海水浴、山路の散策などを楽しみました。
     本展覧会では、別荘に滞在した時に綴った絵日記作品の他、金沢の自然や夏の風物に取材した作品をご紹介します。

    詳しく見る

  • 特別展

    清らかに、うるわしく-清方の美人画-

    会 期
    平成30年5月26日(土)~7月1日(日)
    開館時間
    午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
    休 館 日
    毎週月曜日、6月5日(火)
    展示解説
    5月26日、6月9日、23日の土曜日
    午後1時30分から
    観 覧 料
    一般 300円(210円)、小・中学生 150円(100円)
    ※( )内は20名以上の団体料金です。
    関連事業

    ◆開館20周年特別イベント 美術館で落語会
    八代目・春風亭柳橋師匠を迎え、清方の作品とともに圓朝との関わりを紹介する学芸員との対談と落語の二部構成でお楽しみいただきます。(要ご予約)
    日時:6月5日(火)13:30開場/14:00開演
    出演:春風亭柳橋
    会場:鎌倉市鏑木清方記念美術館
    料金:2,000円
    お申込み:当館窓口、お電話にて5月1日(火)9:00より受付開始
    ◆日本舞踊イベント
    清方が好んだ日本舞踊~素踊りによる実演と解説~
    日時:6月16日(土)13:30~14:00(予定)
    講師:中千尋氏(日本画家・花柳流師範)
    ◆鎌倉のアジサイと清方作品鑑賞プログラム
    鎌倉駅から小路の紫陽花スポットを巡りながら美術館へ向かい、清方のあじさい関連作品を鑑賞します。
    日時:6月16日(土)、23日(土)、28日(木)、30日(土)
    ◆日本画ワークショップ
    岩絵具を使って絵を描こう!(要ご予約)
    日時:6月17日(日)
    ①13:00~14:30 ②15:00~16:30
    お申込み:当館窓口、お電話にて4月17日(火)より受付開始
    参加費:1000円(観覧料含む)

     近代を代表する美人画家として知られる鏑木清方ですが、日本画壇で活躍し始めた大正期は、「美人画家」という枠にはめられることに抵抗を感じていました。しかし、太平洋戦争が激化する昭和10年代の終わり、戦意昂揚のための作品を描くことを求められる中、心から描きたいと望んだものは、清らかで美しい、平和を象徴するような美人画でした。
     清方は、江戸から明治の女性の姿、しぐさ、装いの中に、自らの求める美を見出し、生涯をとおし美人画を描き続けました。本展覧会では、その生誕140年を記念し、清方芸術の粋を集めた美人画を中心にご紹介します。

    詳しく見る