展覧会

次回展示のご案内

  • 企画展

    清方と弟子たち-受け継がれる美-

    会 期
    2019年8月31日(土)~10月22日(火・祝)
    開館時間
    午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
    休 館 日
    毎週月曜日(9月16日(月・祝)・23日(月・祝)、10月14日(月・祝)は開館)、9月17日(火)・24日(火)、10月15日(火)
    展示解説
    9月14日・28日、10月12日の土曜日
    午後1時30分から
    観 覧 料
    一般 200円(140円)、小・中学生 100円(70円)
    ※( )内は20名以上の団体料金です。
    関連事業

    ◆鏑木清方誕生日記念イベント
    フルカラー図録プレゼント!
    8月31日が清方の誕生日であることを記念して、図録のプレゼントを実施します。
    8月31日(土)、9月1日(日)各先着25名様に『開館15周年記念図録 鏑木清方名作集』1冊をプレゼント。
    ◆日本画ワークショップ(要ご予約)
    日本画材を使って絵を描こう!
    9月21日(土)、10月20日(日)
    ⓵13:00~14:30 ⓶15:00~16:30
    ◆日本画制作実演
    現代に活躍する日本画家・長谷川幾与氏による制作実演を行います。画家が使う道具や技法を間近にご覧いただけます。
    10月5日(土)、6日(日)13:30~15:30 
    ◆鎌倉文化ゾーン 小町通り・八幡宮エリア ミュージアムめぐりスタンプラリー
    鎌倉・雪ノ下と扇ガ谷地区に点在する文化施設を巡ってミュージアムグッズをゲット!台紙は各館や鎌倉駅観光案内所にあります。景品はなくなり次第終了。
    【前期】2019年4月6日(土)~10月5日(土)
    【後期】2019年10月12日(土)~2020年3月21日(土)
    スタンプ設置場所:鎌倉市鏑木清方記念美術館、鎌倉市川喜多映画記念館、鎌倉国宝館、鎌倉歴史文化交流館、神奈川県立近代美術館 鎌倉別館(後期のみ)

     明治11年(1878)生まれの鏑木清方は、西洋文化の影響を受けた新しい風俗や絵画表現に目を向けながら、浮世絵に見られる江戸時代の女性美を研究し、清らかで優美な艶と品格を兼ね備えた独自の風俗美人画という画風を確立しました。
     そんな清方の画塾、象外画塾には多くの門下生が集うようになり、大正4年(1915)、彼らにより「郷士会」が結成され、展覧会も開かれました。大正から昭和にかけ、会の活動を通し伊東深水、寺島紫明、山川秀峰ら多くの弟子たちが、清方の美の精神を受け継ぎ、それぞれの道を切り拓いていきました。
     本企画展では、清方の美人画のほか、清方夫妻の結婚50周年を祝って弟子たちから贈られた寄せ描きや、家族とともに弟子たちの姿が描かれたスケッチなど、清方と弟子たちとの交流と、受け継がれていった風俗美人画の美をご紹介します。  

    詳しく見る

  • 企画展

    清方、若き日の歩み-明治・大正の画業を中心に-

    会 期
    2019年7月6日(土)~8月25日(日)
    開館時間
    午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
    休 館 日
    毎週月曜日(7月15日(月・祝)、8月12日(月・振)は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)
    展示解説
    7月13日・27日、8月10日・24日の土曜日
    午後1時30分から
    観 覧 料
    一般 200円(140円)、小・中学生 無料
    ※( )内は20名以上の団体料金です。
    関連事業

    ◆夏休み親子鑑賞
    会期中、小・中学生と同伴者は観覧料無料!
    ◆「親子で美術館へ行ってみよう!」
    4歳から小学3年生までのお子様と保護者の方でご参加いただけるワークショップです。(要ご予約)
    日時:7月31日(水)9:30~11:30
    ◆夏休み子ども参加プログラム
    小・中学生、高校生を対象に日本画や木版画の技法を学び、体験するプログラムです。(要ご予約)
    日時:【日本画】7月24日(水)、25日(木)、8月2日(金)9:30~11:30
       【木版画】7月26日(金)、8月1日(木)9:30~11:30
    ◆鎌倉文化ゾーン 小町通り・八幡宮エリア ミュージアムめぐりスタンプラリー
    鎌倉・雪ノ下と扇ガ谷地区に点在する文化施設を巡ってミュージアムグッズをゲット!台紙は各館や鎌倉駅観光案内所にあります。景品はなくなり次第終了。
    【前期】2019年4月6日(土)~10月5日(土)
    【後期】2019年10月12日(土)~2020年3月21日(土)
    スタンプ設置場所:鎌倉市鏑木清方記念美術館、鎌倉市川喜多映画記念館、鎌倉国宝館、鎌倉歴史文化交流館、神奈川県立近代美術館 鎌倉別館(後期のみ)

     鏑木清方の父で『やまと新聞』を創刊した條野採菊は、様々な文化人と幅広い交流を持っていました。清方は父の姿を間近に見ながら、自然と芝居や文芸、落語に親しむ幼少期を過ごします。そして、明治24年(1891)、13歳の時に父と父の友人の落語家 三遊亭圓朝の勧めにより日本画家の水野年方に入門し、16歳で挿絵画家となりました。
     清方は、多くの挿絵や口絵などを手がけ人気挿絵画家となる中、自由な題材による作品制作や肉筆画の技術の向上を目的に同志と「烏合会」を結成します。互いに作品を批評したり、展覧会へ出品したりするなど、烏合会での日々は清方にとり大きな刺激となり、日本画家への足がかりとなりました。
     本展覧会では、清方の明治、大正の画業に焦点を当て、雑誌や単行本の口絵、烏合会出品作など、若き清方の歩みをご紹介します。

    詳しく見る