展覧会

特別展

清方 江戸東京の美しき面影

会 期
平成29年10月28日(土)~12月3日(日)
開館時間
午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
休 館 日
毎週月曜日、11月7日(火)
展示解説
10月28日、11月11日、25日の土曜日
午後1時30分から
観 覧 料
一般 300円(210円)、小・中学生 150円(100円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
関連事業
美術講演会
本展覧会をよりお楽しみいただくため、美術講演会を開催いたします。本講演会では日本と西洋の化粧史、結髪史を調査研究されている村田孝子氏(ポーラ文化研究所・シニア研究員)に、清方が好んで描いた江戸から明治ににかけての女性の髪形や化粧についてご講演いただきます。
(要ご予約)
日時:11月7日(火)13:30~15:00
(15:00より展示解説を行います。)
お申込み:当館窓口、お電話、Faxにて9月15日(金)より受付開始
参加費:500円(観覧料含む)
明治はじめ、東京に生まれた清方は、生涯、幼い日の江戸の庶民文化が残る東京に愛着を抱き続けました。画家となってからは、外国人居留地のあった明石町や築地など、親しみと思い入れのある下町の景色を好んで描きました。
本特別展では、江戸の面影を残す明治の東京、その佇まいを描いた風情豊かな名品を中心に紹介いたします。

作品目録WORKS INFORMATION

作品名 制作年
道成寺 昭和3年(1928)
以上練馬区立美術館蔵
春風春水 昭和30年代
朧駕籠 明治40年(1907)
以上 個人蔵
(練馬区立美術館寄託)
秋の色種 昭和3年(1928)
昭和3年(1928)
以上東京富士美術館蔵
狐狗狸 昭和6年(1931)
以上当館蔵

約50点