展覧会

特別展

特別展 渡辺省亭生誕170年記念 鏑木清方と渡辺省亭  ―江戸画人の水脈―

会 期
2022年9月15日(木)~10月19日(水)
※新型コロナウィルスの感染拡大状況により変更になる可能性があります。
新型コロナウイルス感染拡大防止の為の対策はについてはこちら
開館時間
午前9時00分~午後5時00分 (最終入館は午後4時30分まで)
※20名以上の団体でのご来館を希望される場合は、事前にご連絡ください。
休 館 日
毎週月曜日(9月19日〈月・祝〉、10月10日〈月・祝〉は開館)、10月11日(火)
観 覧 料
一般 450円、小・中学生 220円
 繊細かつ洒脱な画風で異才を放った渡辺省亭(1852~1918)。江戸情緒や身近な四季の移ろいを繊細に描き、「省亭風」と呼ばれた作風が明治・大正の市井の人々に愛されました。近年その画業が紐解かれ、再評価されています。
 清方は13歳で挿絵画家をこころざす前から、本や雑誌に載せられた省亭の口絵や挿絵に接し、その清新な画風に魅せられていました。一時省亭に花鳥画を学んだ水野年方に入門して研鑚を積み、やがて流麗な線描と情緒豊かな作風で挿絵画家、日本画家として名を馳せるようになります。省亭の作品を蒐集して自宅の床の間に飾り、晩年まで省亭に私淑した清方。「省亭は、年方に直結して、間接には私にまで及んでゐる」(『こしかたの記』)と、省亭からの影響を随筆の中でも語っています。
 本展覧会では、省亭と清方の作品を並べて紹介し、省亭から清方へと連なる美の伝承を辿ります。

作品目録WORKS INFORMATION

作品名 制作年
渡辺省亭《牡丹に蝶の図》 明治26年(1893)個人蔵     
鏑木清方《清流》 昭和4年(1929)当館蔵
鏑木清方「花吹雪」『文藝倶楽部』木版口絵9巻5号 明治36年(1903)当館蔵
渡辺省亭「幕府時代仕女図」『美術世界』6巻 明治24年(1891)当館蔵
水野年方 「新年将倒」『美術世界』15巻 明治24年(1891)当館蔵
渡辺省亭《御殿山観花図》 制作年不詳 個人蔵
鏑木清方《孤児院》 明治35年(1902)当館蔵
鏑木清方《寒月》 明治30年(1897)当館蔵

約50点