イベント

日本画ワークショップ

  • 胡粉を使って、日本画を描いてみよう!

     胡粉とは、日本画に用いられる伝統的な白色で、貝が原料の絵具です。着彩のほか、発色を良くするための下地や盛り上げ材としてなど、日本画の表現の中で幅広く用いられています。
     実際に胡粉を使って、色紙に絵を描いてみませんか?展示室で清方の筆遣いをじっくり鑑賞した後に、絵を描く楽しさを味わいましょう!
     当日は、お好みの描きたいものの写真やスケッチなどをご持参ください。また、日本画材はすべて当館でご用意しております。

    日  時
    平成30年11月17日(土)
    ①13:00~14:30 ②15:00~16:30
    会  場
    鎌倉市鏑木清方記念美術館
    〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-25
    申し込み
    平成30年10月20日(土)午前9時よりお申込み受付いたします。
    各回12名様程度。
    お電話または当館窓口にてお申込みください。
    Tel 0467-23-6405
    講  師
    当美術館学芸員、及び客員研究員、市民サポートスタッフ等。
    料  金
    お一人様 800円(入館料別途)
    ※画材はすべて当館で用意いたします。
    詳  細
    以下のチラシ(PDF)をダウンロードしてご利用ください。日本画ワークショップ